ゆっくり往きましょう

色々面白い良い日が続けばいいけれど。
そうはいかないな~

配偶者控除で税収を上げようとしてるだけだろ。簡単な方法から考えるな~。

2016年09月18日 15時20分02秒 | 日記
「配偶者控除」見直し、実質議論開始 政府税調、委員ら「税収減回避を」

配偶者控除を無くすと困る家庭。
 ・子供を見たくて家にいるため働きに入っていないが今の経済では旦那の給与が厳しい家庭
 ・経済的に、共稼ぎしなければいけないが、時間的にはパートしかできず、103万円の枠内で収めたい。
配偶者控除を無くしても関係ない家庭または、無くすのに賛成。
 ・小さい子供もいなくて共稼ぎで、妻が正社員でばりばり社会的にも働けていて給与もある程度もらっている家庭。
 ・共稼ぎをしなくても、旦那の給与で十分、配偶者控除があっても無くても関係ない家庭。
 ・共稼ぎ状態だが、夫婦ともに役員など、働かなくても高額な報酬ももらっている家庭。
つまり、配偶者控除を無くす税制度は、お金持ちにはまったく関係なく、庶民には家計の負担になる。

何回も言っているが、本当に自民党が国の事を考えて税収を望むのなら、
・宗教法人への課税
・たばこ税の先進諸国並みの増税
・高所得者に有利にしてしまった年調テーブルを庶民に有利に治す。
・公務員、議員の給与や賞与の見直し(高額過ぎて税収を圧迫)
・罰金や反則金、保釈金など刑罰に関するお金に固定税を課する。
・相続税の大幅な増税。
・企業の超高額になりつつある役員配当と課税の見直し。
など考えてみるべきだろ。
特に、議員の給与や賞与を下げる提案を何故しないのか?先生でもないのに先生と思っているんじゃないのか?
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月17日(土)のつぶやき | トップ | 9月18日(日)のつぶやき »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL