シェルティ@カイくんの話。Fortune。

カイくんが天国へ行ってしまったのでブログ続ける意味あまりないんだけど。シェルティ率ほぼ0%ブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お帰り、カイくん。

2010-11-30 | カイくんのこと
少し前に、人間の男の子が誕生しました。

逆算すると、受精したのはカイくんの1周忌のあたり。
カイくんの生まれ変わりか、カイくんが空から連れてきてくれたのか。

カイくんが火葬される直前、最後のお別れの時に
「今度は人間に生まれてね。大好きなケーキもチョコも食べられるよ。できたら、ウチの子に生まれてね」
と言った言葉をきちんと聞いてくれたのでしょうか?
最後の最後まで、どこまでも律儀な子です。

とにかく、すっかり諦めていた子供の誕生です。

妊娠中から、散々周りに犬猫を捨てろとか処分しろとか、かなり言われ、心無い言葉も身内から出ましたが、誰欠けることなく元気な子との新生活が始まっています。

今のところ、事故も病気もありません。
グーちゃんは「うかつに手を出したらヤバそうな相手」と認識しているようで、遠くから見ています。

シローは守っているつもり?赤ちゃんの寝ているベビーラックのすぐ近くを陣取ることが多いです。
でも、ジロさんはフケがすごいんだよなぁ・・・色々試してみるものの皮膚炎はちっとも良くなりません。

猫は、たまに匂いを嗅ぎに来ますが、攻撃的なことは1度もしていません。
私がミルク臭のする手をかめに甘咬みされたくらい。けっこう痛かったわよ、かめ。

赤ちゃんが泣くと猫が同じような調子で鳴く。
猫が騒ぐと赤ちゃんが応えるように泣く。
猫と赤ちゃん、今は仲間感覚かな?



陣痛が始まった日に、またSOSの子猫が1匹。
生まれて退院した直後に また子猫の保護相談が1匹。

SOSの子猫は、色んな人の好意と手によって、あとわずかで消えかかっていた命が繋がりました。
保護相談の子猫は、翌日に保護された方が「ウチで飼います」と言ってくださいました。


私自身は、小さな子供がいる状況では、今までどおりハードに動くことができないので、今、周りでしていることの継続で精一杯です。
しばらく表立った里親探しは休止します。


シェルティ@カイくんの話。
これにて終了・・・・・・・。のつもりですが。




民主党さん。殺すためのペット税はいらないのよ。
自民党と同じことやってんじゃないわよ。
あんた去年、政権交代した直後にテレビで「この(処分)現状をなんとかしなければ」って言ってたじゃない。

1年経ったら「ペット税が通ったら殺処分費用にまわします」って何それ。「家族同然という方が増えてきたので、理解いただけると思う」
家族を殺してくれって行政に頼む家族が、日本の普通の家族だとでも?
結局、日本はこういう国ってこと???

何かシェルター的なものとか、もうちょっと里親探ししやすいシステムの構築とかに使ってよ。

殺すためのペット税には反対!払いたくなーい!!

この記事をはてなブックマークに追加