折々の記

日記帳と掲示板を1つにまとめました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

操体おおほり癒養院体験記 2

2005-02-18 14:37:00 | Weblog
考えもしなかった贅沢な心地よい時間の中で、私はこの3ヶ月で実声が飛ばせるようになった。コ-ラスの練習中に指摘されてもどこにあるかなど全く判らなかった丹田が、声を出すたびに温かく感じる。今度の演奏会では、私は自分の声をコントロールできるだろう。

私の目指した目標≪安定した声を出したい。それができないのは仕事での肩こりだろうか・・・≫、この達成はもとより、自分が気付かなかったところまで日々元気になっている。

足の親指に力が入りやすくなり、幼少時から続いてきた冷え性が解消されつつある。朝から手足が暖かいので驚いてしまう。
また、写真の中の自分が、姿勢や表情が少しずつ安定してきているのは女性として非常に嬉しい。

身体が充実してくると、思考も行動もより積極的になっていくように感じる。
一つがうまくいくと他のものと連鎖してすべてがいい方向へ向かっていく。
私にとってはここは錬金術の部屋だ。

「心身一如」  偶然に操体にであって、私がこれまでに実感できた言葉の1つだ。
身体が健康になれば自然と行動も前向きになって、ヤッター!と幸せをより深く噛み締めることができる。
心が満ちていると、これもしてみよう、あれも試してみようと、ますます行動範囲が広がっていく。

身体の不自由さはその人なりに様々あるだろう。だとしてもその不自由さの中で、精一杯生きているだろうか。
愚痴を言う前にやる事を、身体に施してあげていたろうかと、ふと思う。
例えば自分の感情、特に喜びや清清しさなど快い柔らかい想いを日々自ら押し殺して生活していないだろうか。
というよりまず、自分が感じていたことにすら気付いていないのではなかったのか。
疲れた、苦しいと言葉に出すとき、それじゃぁと、私たちは自分を優しく労わる時間を1分でも作っているだろうか。

日常生活でも、後から大仰にプレゼントされるより、さりげなく有難うとその場で言ってもらったほうが格段に嬉しいこともある。

私はリラックスしていると思い込んでいただけなのだろうか。
本当のリラックスを、私は知っているのだろうか。
これまでさんざん酷使してきた自分に、操体の時間だけでもゆっくり休養を与えたいと思っている。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 操体おおほり癒養院体験記 1 | トップ | 久しぶりにこの部屋に帰ってきま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL