折々の記

日記帳と掲示板を1つにまとめました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

操体おおほり癒養院体験記 前置き

2005-02-18 10:54:36 | Weblog
メルマガを読んで去年の11月から通っています。
あまり期待もせずにいたのですが・・・・何か、はまってしまったみたいです。私に関しては、身体の調子が格段に良くなったのは確かですし。
何より気持ちいい。痛い事も辛いこともなしで、一般常識的にはごくごく軽く身体を動かすだけでこんなに身体が開放されるなんて・・・
先生は、猫が陽だまりで伸びをする様子を例に上げて、その時猫が感じているであろう心地よさを、私たちも取り戻すことがまず最初の目的だとおっしゃっています。
整体とは違う。足つぼなどのマッサージとも違う。やっぱり、操体としか言い様がありません。
本来、人が健康を維持していくのはごく単純なことなのだなぁと、感じさせてくれます。
いつから、自分のすることなすことにいちいちもっともらしい理由付けを行うようになってしまったのでしょうか。理屈だけで物事が動けばこんな楽なことはないのに、そうはならない現実を心のどこかに皆感じているはずなのに。
操体〈名称を書きにくいのが、唯一の欠点・体操体操と表記して前後を削除しています〉は単純だからこそ、様々な分野に気付きが深まるのでしょう。
嬉しいことは嬉しい。悲しいことは悲しい。そして気持ちいいことは気持ちいいのです。
自分へのプレゼントとして、私は最高の手段を手に入れた思いがします。

次回から、具体的な体験談に入ります。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の心を整理している事 | トップ | 操体おおほり癒養院体験記 1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL