介護サービスほっと通信

「暖か介護でほっと一息」をモットーにしています。日々の仕事の中から感じたことなどを発信していきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2013年01月04日 08時52分18秒 | 雑感
2013年がスタートいたしました。本年も変わらずにご指導のほど、よろしくお願いいたします。 . . . 本文を読む
コメント

いや、暫く鰤で確認したらとんでもないことに…

2012年11月27日 13時07分14秒 | 雑感
いつの間にか「60日間更新しないとテンプレート変更」になるんだって… さて「医療と介護の連携」… 最大の「壁」は「医療」にある。特にトップ・ヒエラルキーに位置している医師。 医師の考え方次第で連携が機能することもあれば、連携なんてとんでもないことになる場合もある。 . . . 本文を読む
コメント

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年07月31日 12時05分18秒 | 雑感
なんだかわからないうちにテンプレートが変更になっていた。 . . . 本文を読む
コメント (1)

これをどう読み解くか?

2012年05月18日 16時05分18秒 | 介護サービス
通所介護の7時間以上9時間未満への移行に伴い、「いまだに」混乱している当地です。 なんで混乱するのか、理解に苦しんでいますが… . . . 本文を読む
コメント

介護保険料5000円時代の到来

2012年04月07日 20時28分58秒 | 改定介護保険制度
今回の介護保険の改定により、第1号保険料の標準保険料の日本全体の平均値が約5000円になりました。 当地においても似たような数字ですし、近隣では5000円を超える試算をしましたが、政治的理由で5000円に決定したという情報もあります。 . . . 本文を読む
コメント (2)

新しい介護保険制度の功罪

2012年03月30日 09時23分22秒 | 改定介護保険制度
さあ新しいルールでの介護保険制度がスタートになる。 しかし、わかりづらい。理不尽なことばっかり。 でも、悪いことばかりではない。進歩している部分も「少し」だけどある。 . . . 本文を読む
コメント (6)

医療と介護の連携、そのための「顔の見える関係性」

2012年02月05日 19時05分37秒 | 介護サービス
医療と介護の連携が叫ばれて久しいですが、連携をとるためにはお互いが「顔の見える関係性」が重要だということは誰しも理解されていることだと思います。 . . . 本文を読む
コメント (7)

実務従事者基礎研修から見えてくる「介護支援専門員の課題」

2011年09月29日 20時57分20秒 | 介護サービス
実務従事者基礎研修のお手伝いをしています。 そこから今日の介護支援専門員の課題が良く見えてきます。 . . . 本文を読む
コメント (3)

平成23年度実務研修受講試験

2011年08月30日 22時11分26秒 | ケアマネ試験
残り2ヶ月をきったんですね。 . . . 本文を読む
コメント (8)

サービス担当者会議

2011年08月23日 21時03分36秒 | 介護サービス
居宅サービス事業所の皆様。 サービス担当者会議が、介護支援専門員からの一方的なサービスの「通告の場」であった時、何を感じますか? . . . 本文を読む
コメント (2)

研修で学んだことを実践するということ

2011年08月11日 18時39分02秒 | 雑感
「ケアプラン点検」のお手伝いをしているとき、いつも真っ先に確認するのが「安全・安心・快適・安楽・危険・不安・負担」等という語句です。 それを見つけると必ず確認します。 「この具体的な内容を教えてください」 . . . 本文を読む
コメント (2)

日本介護支援専門員協会社員総会

2011年06月28日 11時29分12秒 | 雑感
26日の日曜日に、日本介護支援専門員協会社員総会に出掛けてきました。 . . . 本文を読む
コメント (2)

インフルエンザ

2011年04月18日 20時50分56秒 | 雑感
当地においては今頃インフルエンザが、再び流行しています。 . . . 本文を読む
コメント

風評被害

2011年03月30日 21時36分18秒 | 雑感
福島第一原子力発電所の問題の風評被害もとんでもない状況で拡散しています。 . . . 本文を読む
コメント

マズローの5段階欲求説

2011年03月28日 13時07分02秒 | 雑感
マズローの5段階欲求説という「理論」がある。 ケアマネジメントの展開においてもこの考え方を欠かすことは出来ないものではあるが、課題も少なくないことを承知しておく必要がある。 . . . 本文を読む
コメント