一人っ子!遠距離介護の記録

一人っ子が親の介護と向き合う記録。

許すことの出来ない心の中の闇

2017-03-20 15:32:10 | 複雑な家庭環境
介護とは関係ないけど、、、
私が育った環境は物凄く複雑で、私は子供らしい時代を過ごしていません。
親に甘えた記憶はゼロです。
親と言う権力を振りかざし、頭から押さえつける毒父。



だからいつも親の顔色を伺いビクビクしていたように思います。



学生の時には、教材の集金ですら散々文句を言われながらお金を貰っていたので、資格取得したくてもお金を頂戴とは言えず、資格をとることは諦めてました。



私が発する言葉は信用されず、全てが嘘と決めつけ、他人の事は信用する毒父!
世間体ばかりを気にして、子供を守るなんて皆無。
ダイッキライで、死ねばいいと心の中でいつも願ってました。



そんな私が遠距離介護。
父は、自分の弱さやコンプレックスを隠すため押さえつける事しか出来なかったんじゃないかと思います。
それに孫には甘い普通のお爺ちゃんになってくれた事がキッカケで色んな事や負の感情は時間が解決してくれたのと、キチンと謝罪してくれた事で全てがチャラになったように思います。



今ではスッカリ可愛いお爺ちゃん。



でも、親が亡くなった後は骨肉の争いが想定される家庭環境。



両親は、私が2歳の時に離婚。
父は再婚し子供を授かりましたが離婚。


母もその後、再婚し子供を2人授かりました。



そっ!
異母兄弟が他に3人もいるんです。



父が他界したら、財産分与で揉めることに。



毒母が他界しても、財産があれば必ず連絡はくるでしょう。
毒母は、2歳の私を置き去りにし、姿を消し離婚へ
そんな毒母から連絡があったのは、私が23歳。
それから交流が始まり、、
異母兄弟とも良好な関係を築いていましたが、、
そんな異母兄弟も結婚をしました。



異母兄弟の奥さんになった人が毒母に嘘ばかりを言い
33歳のある日、娘は産まなかったことにすると突然言われ縁を切られた。



あれから、約20年近く毒母や異母兄弟とも連絡は取ってません。



実母に2度も捨てられる事は想定外でしたが、近くに引っ越し
毒母の本性を知る度にガッカリしたり、軽蔑したり会わなければ良かったとも思った事も、、



私の中の母親像は見事に木端微塵!



嘘ばかりを言う毒母
自己中な毒母
振り回す毒母
男にだらしない毒母
男を金づるにしてる毒母



そんな毒母との関係は、私の中で苦痛になっていたのは事実。
それでも、また捨てられるとは想定外で、、、
しかも、娘は産まなかったことにすると全否定された私は毒母が帰宅したあと
泣き叫びました。



悲しくて。
悔しくて。
辛くて。
産まなかったことにする!そんな酷いことを言うなんて。
お腹を痛めて産んだ我が子を産んでなかった事にするなんて。



今となっては、異母兄弟の奥さんになった人の話だけを鵜呑みにし、娘の話は一切聞くことなく絶縁宣言!なんて良く出来たなーと関心しすると同時に毒母の方から縁を切ってくれて良かったと思えるようになりましたが、許すことは出来ません!



毒母が亡くなったら必ず連絡が来るでしょう。
その時は、勿論!簡単に捺印しません!
毒母を、、、
異母兄弟の奥さんを、、、
許せる時が来るまでは署名捺印はしたくない!



きっと、、、
銀行は凍結され、署名なしでは1円も引き出せなくなります。
財産の話し合いもできません。
躍起になり、訪ねて来るでしょう。



毒母を好きで貢いでいた男から巻き上げていたお金。
そんなお金は、1円だって欲しくない!
ただ、心からの謝罪はして欲しい。



毒母や異母兄弟の奥さんの事を思いだしたり、考えたりすると、私の中でドロドロした真っ黒でネガティブな気持ちが涌き出て来るので、普段は、考えないようにしています。
それでも、いざと言うときのために全く考えない訳にもいきません。



出来ることなら、、、、
戸籍から毒母の名前を消したい!
そうしたら、法的にも赤の他人になるから。。



二度と関わらず、いつかは私より早く逝くであろう父を最期まで看とり、穏やかな人生を過ごしたい。



戸籍から毒母の名前を消す方法、、、あるのかな?



あったらいいな。

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高齢者が子供に返ると厄介 | トップ | 初めの一歩 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。