『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』・経営コンサルタント/中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

会話の量が少ないから、関係を築けないんです。人を動かせないんです。

2017-03-15 18:41:57 | 日記
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修
「会議研かごしま」はA・F・C経営が運営しています。
経営戦略の策定・実行、組織変革、社員研修等を、身近な「会議」を活性化することで支援しています。

「会議研かごしま」は、会議力の向上を通じて問題解決と社員の能力開発を自分たちで行う実践会です。

成果が出る経営の仕組みを創る・組織を創る・実行する。

この一連の流れを「会議」の活性化が可能にします。

仕組みを創ることから実行までコミュニケーションの量と質
大きくかかわっています。

身近な「会議」を自分達で「価値ある会議」に変え、
問題解決を図る場、組織変革を図る場、人材育成を図る場、にしませんか。

【「会議研かごしまニュース」毎週1回木曜日発行 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

娘が航空会社の客室乗務員をしているんですが
先日、面白いことを言っていました。

その会社には、6,000名以上の
客室乗務員がいるそうです。

そのため

同じ会社の社員とはいえ
フライトで搭乗する人は
はじめての方が多いそうです。

同じ会社の社員なのに
いつも、「はじめまして」で
仕事が始まるそうです。

業務も
長いフライトになると10数時間もかかるそうです。

狭い機内でも長時間、顔を合わせ
滞在先の食事も一緒、行動も一緒で
対人能力が高くないと疲れるそうです。

相手の行動、言動が気になっても
多くの人が関係が悪くなることを避け
思ったことを言わない傾向にあるといいます。

それでも、入社してしばらく経つと
言わないといけない立場になるそうで
どうやっているか
娘に聞いてみました。

娘は、その人の良いところ
仕事でよくできている部分があると
そこを褒めるそうです。

褒めるというより
事実を言う、といった感じ。

〇〇さんは、お客様との会話が丁寧ですね。
〇〇さんは、片付けが上手ですね。引きつづお願いね。
といった具合です。

褒められて、言葉をかけられて
悪い気がする人はいません。

褒められれば
それ以上のことをしようとします。

期待されれば
期待以上のことをしようとします。

コミュニケーションの量が増えると
良好な人間関係ができます。

その後、
〇〇をすればもっと良くなる
というそうです。

はじめて会う人が多い
客室乗務員という仕事の中で

短時間で関係をつくり
求める行動をとってもらう方法だといいます。

関係の質が
サービス品質に大きく依存するとも。 

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

一般の会社でも
いつも顔を合わせるがゆえに
嫌われたくないという人もいます。
職場の雰囲気が悪くなるという人もいます。

上司は嫌われて当然という人もいます。

仕事では
経営者として、上司として
言わないといけないことはあります。

手順としては

かねてから、信頼関係が築けるまでは
会話の量を増やすことが必要です。

褒めることができないなら(難しいですから)
ただ、事実を言えばいいんです。

今日は晴れてるね、程度でも
君のおかげで助かった、でも

会話の量に比例して
関係も良くなります。

関係ができていないから
正しいことをいっても
正しく伝わらず行動につながらないんです。

何年も付き合って
あの上司は物言いはストレートだけど
いい人だよ
と分かっても時間がかかりすぎです。

若い人には受け入れられませんし
まず、
それが分かるまで間、付き合いません。

事実を話すことで、相手に伝えることで
会話の量をふやす。心を開かせる。

褒めるなんて簡単にはできませんから。

要は、相手に行動してもらうことですから。


Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いいたします。

「『会議』で意見がでる10のルール」を作成しましたので
登録された方にお送りいたします。

メールアドレス登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽



※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス

コチラからお願いします


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 組織変革への取組も、「急い... | トップ | 人間関係にも〝混ぜるな危険... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。