鹿児島☆『会議力向上』で組織変革・経営改善をめざす『会議研かごしま』・経営コンサルタント/中小企業診断士・津田輝久

クリエイティブな『会議』で、
社員の能力とチームワーク向上を図り、経営目標の達成を目指します。

個人企業から上場企業に転職したのに、なぜ、ヤル気がないんですか?

2017-07-11 10:09:15 | 日記
経営コンサルタント・中小企業診断士・経営改善・社員研修

クリエイティブな会議が、チームを動かす強力なエンジンになります。

自ら考え、動く組織作りが、企業とメンバーの成長につながります。

メンバーのチームワーク・能力が発揮される組織づくりを目指します。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします

メルマガ登録はこちら
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いつも、お読み頂きましてありがとうございます。

個人企業に勤務していた知人が
上場企業(製造部門)に就職しました。

個人企業は給料も安く
福利厚生面も手厚くないということで転職したそうです。

さすが上場企業
勤務時間も定時で上がれて
残業があれば手当もしっかりつくと
本人も喜んでいました。

サービス残業、休日出勤がめずらしくなかった
前の職場に比べれば夢のような職場です。

しかし

仕事に慣れれば慣れるほど
ヤル気が下がってきたと言います。

以前の職場は
業務用冷凍機器等のメンテナンスの会社でした。

お客様から冷蔵庫が故障したという急な電話も多く
勤務時間に関係なく仕事をしていたそうです。

また

ベテランということで部下指導も任されていたそうです。

仕事は大変だったけど
お客様からは感謝され、経営者からも期待され
充実した日々だったそうです。

反対に今回の職場は

機械相手で、ただ黙々と仕事をし
時間がくると退社するという毎日だそうです。

入社したばかりで、
それほど重要な仕事も任せてもらえず

機械から感謝されるわけでもなく(今のところ上司からも)で
仕事に対する意欲が、
前職と比べて下がっているそうです。


▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

なぜ、人はヤル気がでるのか?
ということを考えさせられる話です。

地元でも人がうらやましがる会社に入ったのに
ヤル気がでないとは。

理由として考えられるのは

前の職場は

お客様と直に接し感謝の言葉を聞けた。

経営者からも期待されていた。

重要な役割と責任を負っていた。

等、です。

日本の会社で働く社員のヤル気は
世界でも最下位クラスという調査結果もあります。

経済的な豊かさがそうさせたのかもしれません。

解決のヒントは
今回の知人の話にありそうです。

お客様の声を収集しみんなで共有する。
お客様と直に接する仕事を担当させる。

社員の良い点は会議等で上司がほめる。

役割をもたせる。等です。

知人は将来に不安があって今回、転職しました。

会社の将来像を明確にすることも重要です。

何もかも同時にはできません。

一つ一つ取り入れていけば
社員のヤル気はアップします。

最後まで、お読み頂きましてありがとうございます。


人を動かすヒントはコチラから

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※メルマガを始めました。登録をお願いします。

「『会議』で意見がでる10のルール」と
「『会議』で人とチームを変える7つのステップ」
を作成しましたので
登録された方に無料でお送りいたします。

メルマガ登録はこちら

Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽Δ▽△▽

※業種、内容等は、実際の企業のものとは一部異なります。


ホームページアドレス
コチラからお願いします。


メルマガ登録はこちら

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経営者と一般社員の、考え方... | トップ | 行動しない、あまのじゃく社... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。