快風丸

俺の船に乗らないか。

青鬼赤鬼

2017-08-09 00:05:58 | Weblog

 炎天下と字で書くとまるで地獄の様相ではあるが、昼間の最高気温が35℃を超えるころには

息苦しいほどの熱気でたまらず、先人の比喩センスに脱帽するのであった。

それでもテニスは夏の積乱雲の下が似合う。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボーカルの1m | トップ | 新しいかしわうどん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。