快風丸

俺の船に乗らないか。

89

2017-05-20 22:38:03 | Weblog

今日は母とバルバロッサでディナー。
宇島駅前のこちらは、何を食べても美味しい。
今回は、アラカルト。



シーザーサラダはパルミジャーノがスライスで、パンツェッタ、クルトンまで美味しい。そしてみずみずしい野菜たち。



フルーツトマトとアボカドの焼きカプレーゼは、野菜の美味しさをチーズで閉じ込めて凝縮した一品。



ホタテと茸のソテー。

見た目の美しさ、火の通り具合、茸の香ばしさ。

味付けが濃すぎないのにしっかりとしている。

茸とホタテが自由に主張している。




このパンがまた、美味しい。
モチモチで香ばしい。

お取り寄せの逸品とのこと。
そして。さりげなくも優しいアップルバターの甘さ。



そして、コーヒーカップ、有田焼飛びカンナ柄。こういうさりげないセンスがね。高級品じゃない品の良さ。



母は今年90歳になる。

ウェイターさんに
「若い、そんな歳に見えない」
と言われてご満悦。

いわく
「80歳って言おうと思ったけど本当の事を言って良かった。」


また来るわ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

私に言われても

2017-05-20 22:33:11 | Weblog




読めなくたっていいじゃない。
ネコだもの。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YMOという驚異

2017-05-17 01:04:37 | Weblog

シーケンサーで自動演奏だと思っていた。

テンポはマシーンで出して、リズムは全くグルーブしないというのが

テクノだと思っていた。

この動画を発見した。

高橋幸弘のすさまじいハイハットワーク、そして細野晴臣のシンプルな音で構成

された美しいグルーブ。

とにかく驚いた。

こんなすごいバンドだったんだ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アコースティックギター

2017-05-08 00:51:12 | Weblog
アコギというけどエレギとは言わないのは何故だろう。アコースティックギターをフォークギターと言うのなら、エレキギターはロックギターと言うべきではないのだろうか。



小さなイベントでギターを弾くことになった。エレギに慣れた身でアコギの弦高は左指の負担が厳しい。
前から気になっていたが、このギターの弦高は、高すぎる。標準は12フレットで2.5mmとのこと。3.5mm+αはあるなあ。

生まれて初めて、トラストロッドを回して順反りを矯正した。右に60°回転。



サドルを削る。



削っては、弦を張り、チューニングして、ノギスで測る。
また、弦を緩め、サドルを外し、削る、弦を張る、測る、これを2日にわたって、10回ほど繰り返した。



12フレットで1mm下げるには、サドルは2mm削らなくてはならない。相似三角形で底辺が1/2の位置なら高さも1/2になるからである。



そして、サドルの右手側にセロテープを、二重に貼る。これでサドルがよりボディに密着するので、鳴りが良くなるらしい。



これはセロテープではなくてOPPフィルムテープなので経時変化がほとんどない。



できた。



各弦の鳴りがバランス良くなった。
低音弦の鳴りが強すぎたのが解消した。
低音が抑えられたおかげで、コードストロークで音に張りが出て、はっきりと全弦の音が聞こえる。

単純に左手指の救済目的だったのが思いがけない良い結果を招いた。

なんだか、正しい休日の過ごし方だったような気がする。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マリーアンドファナーズが名古屋にやってくる

2017-05-06 22:34:48 | Weblog

 マリーアンドファナーズ結成25年にして、悲願であった名古屋でのライブが決定しました。

メンバー4人のうち、2人は大阪在住、1人は金沢在住、そして私は名古屋在住。

相変わらずの遠距離恋愛バンド。

長続きのコツは、たまにしか会わないこと。

まったく恋愛と同じだ。

25周年は、銀婚式ならぬ「銀バンド式」ですね。

2017. 6.10 sat @バークレーカフェ 名古屋市天白区植田西2-1506

open/16:30 start/17:00
Charge ¥1,500(1D別)

https://www.berkeley-cafe.com/eventschedule

【ack】ルクスエテルナ / マリー&ファナーズ / Trunk /
名古屋連合SS餃子 / ももLOUD

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉県/新松戸 某ゆきの LIVE

2017-03-21 01:00:57 | Weblog

http://susansusan69.jugem.jp/?month=201703

●3月22日(水) 千葉県/新松戸【FIREBIRD】

SINMATSUDO FIREBIRD  10th ANNIVERSARY

"Being Alone Is Fashion SP"

《出演者》

・奈良岡
・逢坂Rie
・ミカミヤスマサ
・ピスたちお
・KEI
・宮田崇寿
・某ゆきの
・沼田謙二朗
・深居優治(広島) 

OPEN 17:30  START 18:00 (某ゆきの/20:30~)

前売2000円 当日2500円  ※+1 drink charge 

スタート前ご来場の方に1ドリンク追加プレゼントあり!

……………………

●4月13日(木) 

●5月11日(木)

千葉県/新松戸
【FIREBIRD】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直前情報 某ゆきの LIVE

2017-03-21 00:59:31 | Weblog

http://susansusan69.jugem.jp/?day=20170320

●3月22日(水)

千葉県/新松戸
【FIREBIRD】

SINMATSUDO FIREBIRD 
10th ANNIVERSARY

"Being Alone Is 
Fashion SP"

《出演者》

・奈良岡
・逢坂Rie
・ミカミヤスマサ
・ピスたちお
・KEI
・宮田崇寿
・某ゆきの
・沼田謙二朗
・深居優治(広島) 

OPEN 17:30 
START 18:00
(某ゆきの/20:30~)

前売2000円 
当日2500円
※+1 drink charge 

スタート前ご来場の方に
1ドリンク追加プレゼントあり!

……………………

●4月13日(木) 

●5月11日(木)

千葉県/新松戸
【FIREBIRD】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミラーボールズ@フクフクマロマロ

2017-01-29 22:41:04 | Weblog

 ミラーボールズはもう活動していないと思っていた。

得三で最後に見たのはいつだったろうか。

曲、歌、ギタープレイ、パフォーマンス、MC、どれもオリジナリティの強い、個性的なデュオ。

アコースティックギター2本で、その演奏はロックの激しさ、熱さを体現している。

 縁とは全く不思議なもので、フクフクマロマロの店内にミラーボールズの1stCDを見つけたときは

驚いた。そして、実は店主の友達で、近々ライブをやると聞いたときは、信じられないほど驚いた。

だって、大好きだったミラーボールズが、こんなご近所のカフェで見られるなんて。

 あの日と変わらないゆるいMCと激しい曲、独特の詞。

メインボーカル、恵子さん、穏やかさと激しさが瞬間に出たり入ったりする感じ。男も女もそこに惹かれるのだろう。

森さんは単音中心のギター、なんとも独特な音、広い空間で鳴っているような感じ。

例えば、風の吹きわたる午前中の草原だったり、人けのないお寺のだだっ広い本堂、廃墟になった大きな工場、

冷えたアスファルトの駐車場。

 

この二人がぶつかるように、ときに交わるように、弾き、歌う。

音楽で生きると決めた二人の、だからこその迫力が伝わってくる。

30人でいっぱいになるカフェで、しっかりと表情まで見える距離で空間を共有する幸せ。

カフェやバーなど、いわゆるライブハウスではない、もっと小さなハコでライブを見ることがある。

舞台もなく、派手な照明も、大音量のPAもない。

しかし、空間が小さいということは、アーティストとの距離が近いということ。

これは、客にとってもアーティストにとっても大いに刺激になる。

音楽の楽しみ方として、とても贅沢なことである。

 

 フクフクマロマロは、「写真のヤマグチ」の店舗の一部を改装して、昨年から営業されている。

まだ半年の飲食店経験のなかで、ライブまでやるのは、並大抵ではない努力のたまものと思う。

当日、超満員の客捌きのみならず、アーティストのケア、準備期間、告知、など多くの仕事をしなくてはならない。

もちろん同時に飲食店の営業をしながらである。

その努力あっての素晴らしいライブだったことも忘れずにおこう。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ももLOUD@BLcafe

2017-01-22 22:37:55 | Weblog

 今年になってからライブを見るのは初めて。

去年、大阪で対バンした、ももLOUD。

 新年早々、目が覚めました。

ロックの熱さ、激しさ、優しさ、心が動きました。

とても良いライブでした。

 

チャーのカヴァーなんですけど、難しい曲をしっかりと自分たちのものにしているなと思いました。

3人とも演奏能力が高い。

速い曲でもリズムのがしっかりと後ろに乗ってて、安心して身を任せられる感じがしました。

トリオって、観客にとって独特の緊張感があるのです。

3人の発する光線が同じ強さで同じ方向を向いていないと、成り立たないアンサンブルなのです。

このバンドはそれを目の前で実現してくれました。

とてもレベルの高いことを楽しそうに。

ジェットコースターみたいに安心してスリルに身を任せることが出来ました。

このバンド、すごいですよ。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

うさぎの正体

2017-01-20 00:41:22 | Weblog

コメント
この記事をはてなブックマークに追加