アユタヤで昼寝

アユタヤ在住。海外転出しての、アメージングなタイ王国での暮らしの日々を‥‥‥

京都市右京区京北周山町

2016-07-30 20:35:50 | 日記
京北周山町、JRバスの周山駅(終点)の一つ前のバス停が、京北合同庁舎前です。

ここに京北合同庁舎と道の駅ウッディー京北が有ります。
これは、JRバスではなくて、京北ふるさとバスです。終着は同じ周山駅ですが。
通りを渡ってこの向かいにスーパー サンダイコーが有ります。

次のバス停は終着、周山です。

その斜め向かいに周山郵便局が有ります。

ウッディー京北とサンダイコーの所の交差点を東に行くと京都市立京北第一小学校が有ります。橋の上から裏側から見ると……
小学校の北の方に京都市立周山中学校も有ります。
京北合同庁舎前のバス停のもう一つ前のバス停の辺りに、近辺唯一のコンビニ、ファミリーマート京北周山町店が有ります。周山駅から、前の道を南に向かっても行けます。途中に川が有ります。小学校裏側の川がここで別の川と合流しています。

また、周山駅から前の道を北に向かって進むと、右京警察署京北交番が有ります。

右京区編入以前は、京北町警察署だったので大きな建物です。ひょっとしてこれは日本一大きな交番では?と思います。





タイ・ブログランキング ←クリックするとタイ関連のブログがわんさか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都市右京区京北周山町へ

2016-07-29 12:20:03 | 日記
京都市右京区京北周山町、ちょっと前までは京都府京北町であった所です。今は、京都市に編入されて右京区となっています。京都駅から西日本JRバスだけが通っています。途中に高雄、栂ノ尾があって、高雄までは京都市バスが、栂ノ尾までは栂ノ尾止まりの西日本JRバスが行きます。
京都駅から1180円、およそ1時間半の長旅です。京都市街から外れると、だんだんと上り坂になって後は山また山のカーブ道が続きます。
終着、周山のバスターミナル。ここから、別路線のバスも出ています。
では、周山からのバスの窓から……
中川トンネル、JRバスはトンネルは通らず旧道を行きます。そちらに中川の集落があるからです。
栂ノ尾の辺りのもみじです。
乗りごたえのある路線です。途中カーブの連続で、乗り物に弱い方は大変です。






タイ・ブログランキング ←クリックするとタイ関連のブログがわんさか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都 嵐山

2016-07-27 23:59:52 | 日記
松尾大社前の交番横の可愛いミニパト。

ちょうどやって来た京都バスで四条烏丸へ。松尾大社前から北上して、阪急嵐山駅前を通って、嵐山へ。渡月橋を渡ります。

渡月橋を渡って、西に向かいます。車折神社の参道を横に、三条通りを西に。西大路通りで下がって(南に行く)、四条通りをまた西に、烏丸通りから下がって、京都駅まで行きます。






タイ・ブログランキング ←クリックするとタイ関連のブログがわんさか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松尾大社

2016-07-26 18:45:30 | 日記
京都市西部、四条通の西端に位置し、東端の八坂神社(祇園社)と対峙して鎮座する。元来は松尾山(標高223メートル)に残る磐座での祭祀に始まるとされ、大宝元年(701年)に文武天皇の勅命を賜わった秦忌寸都理(はたのいみきとり)が勧請して社殿を設けたといわれる。その後も秦氏(はたうじ)により氏神として奉斎され、平安京遷都後は東の賀茂神社(賀茂別雷神社・賀茂御祖神社)とともに「東の厳神、西の猛霊」と並び称され、西の王城鎮護社に位置づけられた。中世以降は酒の神としても信仰され、現在においても醸造家からの信仰の篤い神社である。
境内は、神体の松尾山の麓に位置する。本殿は室町時代の造営で、全国でも類例の少ない両流造であり国の重要文化財に指定されている。また、神使を亀とすることでも知られる。

手水舎では亀さんから水が出ています。また、撫で亀が二つ置かれています。おもかる石も置かれていました。お酒の神様なので、奉納の菰樽が一杯置かれています。石橋で渡る小川の岸辺には沢山の山吹が植えられています。造花の山吹の御守りも有ります。落ち着いた雰囲気の良い神社です。月一回位、フリーマーケット「亀の市」も開かれています。
交通は、市バス、京都バス、京阪電車「松尾大社(前)」となります。





タイ・ブログランキング ←クリックするとタイ関連のブログがわんさか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祇園祭 後祭の山鉾を見る

2016-07-24 23:59:20 | 日記
祇園祭 後祭の山鉾を見て回りました。巡行の前の日でした。

鉾が1基に山が9基です。先ずは大船鉾から……

そのあと、ぐるぐると山を見て回ります。

24日の巡行は、橋弁慶山が先頭で大船鉾が最後だということです。前祭と違い後祭の方は山鉾の数が少ないので、全部見て回ることが出来ました。






タイ・ブログランキング ←クリックするとタイ関連のブログがわんさか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加