アユタヤで昼寝

アユタヤ在住。海外転出しての、アメージングなタイ王国での暮らしの日々を‥‥‥

今日の新聞……

2016-10-15 23:30:58 | 日記

今日のタイ王国の新聞のひとつです。昨日の夕方、国王陛下のご遺体がシリラート病院から王宮に移される時には、34度C位の中、沿道には市民が溢れていました。
アユタヤでも喪服を着ている人、黒いシャツ、Tシャツを着ている人が多いです。近くの学校は勿論半旗です。テレビは黒バックにアナウンサーが黒服(喪服)というどうしようもない画面。番組は、王様の回顧とか、バンコクの棺の様子と30人の高僧達の読経、お参りする人の様子とかがほとんどといった感じです。
服喪期間は30日。読経とかは100日でしょうか。そして、葬儀(火葬)は1年以上先になるでしょう。棺は縦型の壺のような形のものに装飾が付いた金色のものです。以前、バンコクの国立博物館で説明を受けた時には、こうして棺に安置されると、やがて遺体から汁のようなものが出てくる、それを受けておいて処置していると(捨てるのではなく、その処置は後継者がする)、やがてミイラ状態になる。国王の場合はそのまま1年は置いておいてから火葬をするのです。という話でした。……今も同じかは?ですが。火葬が1年位は先というのは今もそうです。国王だけでなく、王族の場合も火葬まで長くおきます。
王子殿下がすぐに即位するのは控えると言い出されているので、現在、プレム枢密院議長が議長を辞めて(兼職は法律で禁止)、摂政に就任されたとのこと。プレム氏はなんとおんとし96歳です。
今後のタイ王国がどうなって行くのか、政治や経済が荒れなければ良いのですが……



もう一度、 プーミポンアドゥンラヤデート国王陛下 に対し 心からご冥福をお祈りいたします。 合掌。






タイ・ブログランキング ←クリックするとタイ関連のブログがわんさか!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プーミポンアドゥンラヤデー... | トップ | 生前退位 私はこう思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。