海江田洋一独り言ブログ

海江田洋一の思ったことを書いていく自己満足なブログです。

海江田洋一 京都旅行のススメ

2016-10-17 15:32:03 | 日記
今日も元気で笑顔の海江田洋一です。
秋になるとさまざまな物が活発化しますが、その1つは食欲と言われていますね。夏のだるさから解放されたことで、意欲が湧いてきます。それ以外にも運動や読書も秋になると意欲的にこなすことができますが、私が注目したいのは旅行です。秋の旅行と言えば、紅葉の綺麗な所ですが、なにより落ち着いた場所に行きたいという人も多いのではないでしょうか。そこで、おすすめなのは京都旅行です。
今や世界的にも有名になり、世界中からも観光客が訪れている京都ですが、実は私たち日本人も京都の魅力の半分も知っている人はいないと思います。では秋の京都の魅力はどのような所にあるでしょうか。
まず、秋の風景と切っても切り離せないのは紅葉です。11月中旬頃、少し気温が下がると、市内の3つの方角にある山が綺麗に紅葉を始めます。ただ、遠方から見てもその紅葉の具合がなかなかわかりません。そこで、できるだけ山に近づくか、山の中に入って紅葉を楽しみましょう。
まず、西側の山で注目したいのは嵐山です。嵐山で有名なのは渡月橋です。渡月橋から眺める山々の景色は素晴らしく、時間を経つのも忘れるほどです。また、渡月橋の下を流れる桂川と山々の紅葉のコントラストが一度見ると頭から離れなくなるほど美しいですね。
同じ嵐山でも、トロッコ列車に乗ると、身近に紅葉を見ることができます。トロッコ列車はトロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までを20分かけて走る列車です。その中での見所は、保津峡付近でしょう。途中保津川を横切りますが、むき出しになった岩場の間から姿を出す紅葉した樹木は見る物を魅了します。深くて青い、冷たそうな保津川と紅葉の風景もまた味があります。
京都の東の方に目を向けると、清水寺があります。清水寺は、途中まで車やバスで行くことが出来ますが、それ以降は長い階段を上っていきます。ただ、階段に沿ってたくさんのお土産屋さんやお菓子屋さん、まんじゅう屋さんなどがありますので、決して飽きることはありません。気がつくと中腹にある清水寺に着いています。
清水寺の舞台から眺める景色が赤く映るほど紅葉がまぶしいです。11月の中旬から12月の上旬までは、夜のライトアップを楽しむこともできます。夜のお寺に行くのは肝試しぐらいだと思う人もいますが、清水寺の場合はむしろお化けが逃げていくほど人がいます。ライトアップされるのは、主に五重塔や、お寺の周辺にある紅葉した樹木です。近くのライトアップされた樹木の隙間から街の夜景を覗くことができ、その感動はなかなか言葉にするのも難しいのです。ライトアップは夕方6時から夜の9時まで行われています。
市内の北側の山の見所は、鞍馬寺のある鞍馬山です。清水寺と違い、人はそれほど多くないので、ゆっくりと見ることができます。ただ、鞍馬山は清水寺のようなライトアップはありませんので、間違えて夜に行ってもただ暗いだけのお寺です。
海江田洋一も今年の秋中に京都へ旅行したいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海江田洋一 新 | トップ | 休みの日の話 海江田洋一 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。