ペンギン夫婦の山と旅

住み慣れた大和「氷」山の日常から、時には海外まで飛び出すペンギン夫婦の山と旅の日記です

奈良の山あれこれ (138)護摩壇山

2016-06-14 18:00:04 | 四方山話

*このシリーズは山行報告ではなく、私のこれまで登った奈良の山をエリアごとに、民話や伝説も加えて随筆風にご紹介しています。季節を変えたものや、かなり古いもの写真も含んでいます。コース状況は刻々変化しますので、山行の際は最新の情報を入手されますようお願いします。*

(138)護摩壇山(ごまだんざん)<1372m>  「平家の滅亡を告げた山」

この山から伯母子山へ十津川と野迫川の村境となる山稜が続いている。山名は次の伝説による。源平屋島の戦いで敗れた平維盛は、西国に落ちた一門と別れて高野山に隠れたあと、滝口入道に導かれ熊野に向かう。この山頂で護摩を焚き行く末を占うが、煙が空に昇らず谷に下るを見て平家の運命を知る。そして那智に至り熊野の海に入水した。一説には、護摩を焚いて一門の将来を占ったのは清盛ともいう。

山頂山頂近くまで高野竜神スカイラインが通り、駐車場と護摩木を積み上げたユニークな形の展望塔「ごまさんスカイタワー」がある。塔の横から広い階段状の遊歩道を登ると、10分程で山頂に着く。

休憩舎と「和歌山県朝陽夕陽100選」の標識があるが、展望は殆どない。護摩壇を象った大きな山名板に和歌山県最高峰の表示があるとおり、山頂は奈良、和歌山両県にまたがっている。 

タワー横まで車で入り、護摩壇山頂上を経て東の稜線伝いに歩くと、NHKのTV無線中継塔が立つ耳取山 (三角点名・丸山、標高1382m)がある。

ここは展望にすぐれ、眼下に深い谷に沿って龍神へ続くスカイライン、その左に1304mピークなどの山、その左に鉾尖山の鋭峰、正面遠くには果無山脈などがよく見える。本峰に引き返して、休憩舎横を左に折れ南側の尾根を下る。スカイラインを横切ると「森林公園ワイルドライフ」の大きな広場である。

ここから自然観察路に入り、1304mピーク山頂の休憩舎にくるとタワーから護摩壇山、耳取山とつづく稜線が正面に見える。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良の山あれこれ (137) 伯母子岳

2016-06-13 08:09:40 | 奈良散歩

*このシリーズは山行報告ではなく、私のこれまで登った奈良の山をエリアごとに、民話や伝説も加えて随筆風にご紹介しています。季節を変えたものや、かなり古いもの写真も含んでいます。コース状況は刻々変化しますので、山行の際は最新の情報を入手されますようお願いします。*

(137)伯母子岳(おばこたけ) <1344m>  「熊野古道古辺路の最高点」

高野山から東南20キロほど、吉野郡十津川村と野迫川村の境にある展望の良い山である。山頂の東に伯母子峠があり、熊野古道・小辺路が越えている。かっては南高野街道ともいわれ、高野山と熊野を結ぶ重要な峠越え道で、二つの霊場に詣でる人々で賑わった。この峠はまた、昭和5年4月初旬、郡山中学(現郡山高校)生二名と教諭一名が遭難した悲劇の舞台でもある。

1977年、妻と二人で歩いた。護摩壇山の手前で「十津川温泉へ40キロ」の標識がある(奥千丈)林道に入る。登山口から整備された「護摩壇山伯母子岳遊歩道」を尾根通しに行く。口千丈山から標高差80mほどガラガラの急坂の下り。ついで1322mピークを越す。二、三のアップダウンで分岐があり「伯母子岳登山道。800m」という標識からやっと山道になり、標高差わずか100mの急坂を登る。最後は灌木帯を抜けミヤコザサの中を登ると草地の頂上についた。一面のカヤトの原で、東に遠く大峰の山々、特徴ある行者還、大普賢、八経ヶ岳…。南の果無山脈、今辿ってきた尾根道の向こうに護摩壇山が見える。登山口から5キロ、1時間45分だった。

9年後の2006年3月、高野山から小辺路を歩く途中、大股から杉林の中を小一時間登って、小広い平地になっている萱小屋跡に来る。道は自然林の中を行くようになり、ふわふわの落ち葉を踏んで行く。

檜峠は「弘法大師が捨てた箸が檜になった」という伝説の残るところである。平坦な道になって夏虫山分岐を過ぎると、目指す伯母子岳のなだらかな山容が近づいてくる。

「護摩壇山遊歩道」の標識を直進して、10分あまりで「小辺路での最高点・伯母子岳山頂」に着いた。大股から2時間30分。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良の山あれこれ (136) 荒神岳

2016-05-28 08:59:59 | 四方山話

*このシリーズは山行報告ではなく、私のこれまで登った奈良の山をエリアごとに、民話や伝説も加えて随筆風にご紹介しています。季節を変えたものや、かなり古いもの写真も含んでいます。コース状況は刻々変化しますので、山行の際は最新の情報を入手されますようお願いします。*

(136)荒神岳(こうじんたけ) <1280m> 「かまどの神をまつる神社の奥の院」

野迫川村立里。三角点峰は立里(たちり)荒神社を祀る北の峰(1240m)の南、600mの地点にあり、立里荒神社の奥の院にあたる峯で「古荒神」と呼ばれる。立里荒神への舗装林道から見ると、整った三角錐の美しい山容である。

荒神社は「かまど」の火を守る火産霊神(ほむすびのみこと)を祀り、「立里の荒神さん」として信仰されている。縁起では弘法大師空海が高野山を開山する際に勧請したと伝える古刹である。駐車場に車を置き、古い鳥居の並ぶ急な石段道を登る。10分近くで参詣道はほぼ直角に左に折れるが、その角が広場になりベンチも置いてある。スギ林の向こうに目指す荒神岳が見えるが、まずは三宝荒神社本殿に参詣する。本殿はこの北峰山頂に位置し、稜線伝いに最高峰の荒神岳に行けそうだが、一帯は社地の囲いがあって入ることができない。

先の広場にに降り、ヒノキ植林の踏み跡を下ってみる。勾配が弱まるところで山腹を捲く道があり、植林の中を辿るとジグザグの登りで稜線にでて、あとはだらだらと緩やかな道になる。クヌギ、ナラ、カエデなどの落ち葉を踏んで行く。広葉樹林に大きなブナやヒメシャラが混じるようになり、少し傾斜が強まると三等三角点のある山頂だった。展望はないがミヤコザサに囲まれた明るい感じの頂上である。帰りは荒神社のあるピークを正面に見ながら下る。右手に延びる尾根のピークに電波塔、その下に駐車場の建物が見える。往路で稜線にでたところの手前に、右に山腹を捲いて下る道を辿る。一部、崩壊して細いところもあるが間もなく車道に飛び出して、3分ほど下ると駐車場だった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良の山あれこれ(135) 陣 ヶ 峰

2016-05-25 14:05:59 | 四方山話

*このシリーズは山行報告ではなく、私のこれまで登った奈良の山をエリアごとに、民話や伝説も加えて随筆風にご紹介しています。季節を変えたものや、かなり古いもの写真も含んでいます。コース状況は刻々変化しますので、山行の際は最新の情報を入手されますようお願いします。*

(135) 陣ヶ峰(じんがみね)<1106m>   「山頂に金毘羅さん」

和歌山県高野町と奈良県野迫川町の境にあり、標高1106mの一等三角点を持つ。山頂に金比羅宮がある。

高野山の門前町を抜けて、行き交う車の少ない県道53号線に入る。尾根末端を回り込む格好でヘアピンカーブがあり、その頂点で三叉路になっている処が天狗木峠である。私たちは休憩舎の横の駐車スペースに車を置いて「金比羅宮参道」の標識に従って舗装路を尾根に登った。

なだらかな土の道が終わると、急な舗装路に変わり、それが何度か交互に出てくる。左手にヒノキ、右にはマツが並ぶ道の幅は広く、土の出ているところは緩傾斜、舗装部分は凄い急勾配である。しかし15分足らずで、あっけなく山頂の一角、金比羅宮の前に出た。

陣ヶ峰三角点は神社前の広場から、ミヤコザサやススキを掻き分けるように南へ100mほど行った処にある。

さすが一等三角点だけあって展望は広く、南に伯母子岳、護摩壇山、西に矢筈山や生石ヶ峰、北には高野山の塔頭とそれを囲む高野三山、東側はヒノキ林の切れ目から大峰の山々が望めた。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良の山あれこれ (134) 清水ヶ峰

2016-05-05 09:06:25 | 四方山話

*このシリーズは山行報告ではなく、私のこれまで登った奈良の山をエリアごとに、民話や伝説も加えて随筆風にご紹介しています。季節を変えたものや、かなり古いもの写真も含んでいます。コース状況は刻々変化しますので、山行の際は最新の情報を入手されますようお願いします。*

(134) 清水ヶ峰(しみずがみね) <1186.2m> 「美しい自然林の山」

五條市(旧大塔村)にある。地形図には山名記載のない標高1186.2m、三等三角点をもつ。奈良教育大学の実習林の山であり、ブナ、ミズナラなどの美しい自然林を歩く。2007年10 月中旬、日本山岳会の仲間ら10人で歩いた。

(以下、山日記から抜粋) 国道168号線で赤谷オートキャンプへ向かう。赤谷大橋を渡ると奈良大自然環境教育センターがあり、登山口は建物の裏手にある。スギ、ヒノキ林の中の急な階段道を登り標高500mのベンチがある分岐を左に行くと「左下・夫婦松」の標識がある。アカマツとゴヨウマツが根本で合体している仲の良い木である。尾根に出ると、標高600mの標識。ここからブナやリョウブなどの美しい緑の中を登り、登山口から45分で十坪平に着く。標高800mの休憩ベンチで道は分岐する。

等高線を捲くように付けられた沢道は「トチノキ回廊」と呼ばれ、往路はこの道を歩く。

涸れ沢を渡ると、斜面の右下に大きなトチノキが二本並んで立っていた。奈良県下一番の大きさといわれていて、一本の木には大きな洞が開いている。やがて水が流れ落ちるシャクナゲ沢出合を渡る。次の沢を渡るところにトリカブトに似たシロバナサンヨウブシがたくさん咲いていた。鉄塔の下を通って、小さな枝尾根を登った林の中で遅めの昼食。

ここからいったん沢に下り、登り返して「第三の(巨大)トチノキ」はすぐ横を通って行く。

広い「イノシシのヌタ場」を過ぎ、尾根道の勾配が緩むと平田平である。ミズナラの美林の中に大きなヤマナシの木があり、実がたくさん落ちていた。ここまで来ると頂上まではあと一登りである。

山頂は東から南にかけて開け、まず鋭鋒・釈迦ヶ岳の姿が目に飛び込んでくる。その左には孔雀岳、仏性ヶ岳と続く奥駈けの峰々。東南には整った形の笠捨山を挟んで、左に奥・中・南の八人山。右に地蔵岳、蛇崩山…と思った以上に素晴らしい展望だった。

ゆっくりと眺望を楽しんだあと、北東に延びる尾根道を下る。美しいブナ林の中を抜けて、800m地点で朝の道と合流。たっぷりと緑の森林浴に浸り、心身ともにリフレッシュできた楽しい一日だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加