二村嘉一のネオジャパニズム

 世界の中で生きて行く、私達の創る新しい日本の形とは

 僕は今まで、いろいろな経験をしたね。良い事も悪い事も、悪い事の方が多いけど。

2017年07月16日 23時16分39秒 | 日記・エッセイ・コラム

 
 
 
 でもまあ、何だよね、人間真面目に生きているから、生活が成り立つんだよね、名古屋市の人口は大体200万人ぐらい居るらしいけど、そのほとんどの人はこの街、名古屋でいろいろな事を思いながら、夢も希望もまったくない人も居るかもしれないけど、誰もが自分の愛する人の為に生きていると思うよ。奇跡だよね本当に日本という国は、世界第3位の経済大国日本だよね、すごいよね。でもまあ、財政は1000兆を超える債務で大変だけどね。最近の政治は、チーム安倍に元気が無いように見えるね、内閣支持率や自民党の支持率が低下していて、もう持たないのかな、安倍政権は。残念だけどね。最近僕は、麻生副総理のファンで、もう一度その手腕でこの国のリーダーとしての大きな仕事をして欲しいと思います。でも僕の一番の今の政治家の中でのお気に入りは高村自民党副総裁ですね、法曹資格を持ちながら、燻し銀の仕事をしていて、渋い渋すぎると思ってしまいます、法曹資格を持つ稲田防衛相は、今度の内閣改造で、その地位を失うようですが、同じ法曹資格を持つ両者の違いは何なんだ、法曹資格の政治の世界での位置づけはとかを考えさせられますが、確か、中央と早稲田だったと思いますが、法曹資格を持った、総理大臣ってどんな人物かなと今は分かりませんが、居ない事は無いと思います、たぶんだけど。僕も政治家を目指すなら、法曹資格を取って、結果を出さなくてはならないなとそう思うのですが、僕は精神障害者だから、きっと合格できないと思うし、合格してもみんなに認められないで、政治家にはなれないと思っています、残念だけどそれが現実です。でもまあ、そんな大変な仕事をせずに、もっと楽に生きたいなと思うけど、政治の世界に関与したいなと思います。なので、鋭意努力をするとして、できる事は今は司法試験かなと思います、10年ぐらいかかると思うけど。
 
 
 
 今の作業所での仕事は、生まれつき全盲で、知的障害を持つ、若い男性を職場から地下鉄のホームまで送迎する仕事をしています、その仕事して気が付いた事なのですが、よく街の歩道を歩いていると気が付く点字ブロックはとてもそのような盲目もしくは盲目に近い視力の方にとって重要な役割を果たしているという事を知りました。そして、地下鉄や市バスのアナウンスも、あれは健常者にとっては過剰なサービスに思えますが、視覚障害者にとってはとても重要なサービスだという事にも気が付きました、さすがに公共交通機関であってそこまでいろいろな意味があったのかと感心をしています。盲目の方で思い出したのですが、黒田清子さま、元紀宮さまは盲導犬に関心を示していらっしゃいましたが、心の優しい方だったんだなと今はそう思います。今はどのような暮らしをしていらっしゃるか分かりませんが、お元気で居て欲しいですね。



 勉強の方は、まだ、民事訴訟法の基本書を読んでいますが、後ほんの少しで読み終わる段階です、これを読み終わったら、今度は刑事訴訟法の基本書を読む予定です、この刑事訴訟法の基本書を読み終われば、全ての科目の基本書に目を通した事になり、一段落が付く事になります、お恥ずかしいお話なのですが、正直な話、実は、まったく頭の中に法律の知識が残っていません、そして、漢字も書けません。すごい馬鹿でしょ僕って、恐ろしいくらい馬鹿なんです僕って。調子を崩した時に、精神状態が頭の中でものすごい事になるので、そのせいかなと思いますが、本当に先が思いやられます、こんなんで司法試験合格なんて目指しているなんて無謀ですよね。
 
 
 
 最近は、体力の衰えを感じて来て、もう駄目だよなと思ってしまいます、今の内に何とかしないいけないよなと思い、スポーツクラブに本気で通おうかなと思っていて、八事のイオンの中にあるスポーツクラブは夜の10時まで営業をしていて、その近くにある母校の中京大学の図書館も夜の10時まで開館をしているので、僕の青春の街八事でこれからがんばってみようかなと思っています、それでは。



 忘れてくその時間から花が咲きあなたは確か初恋の人


 盲目の愛の漢字を知らぬ事どうやって我それを伝える


 God bless you !


 P.S 
 
 
 そういえば、高校の母校名古屋高校の今年、2017年度の同窓誌の主題聖句は、「あなたの神である主を愛しなさい。隣人を自分のように愛しなさい。」マタイによる福音書第22章37節~39節です。この言葉は、聖書を調べてみたら、聖書の文言から抜粋した文章であるようです。キリスト教にとってこの汝の隣人を愛せというのは、キリスト教の真髄だと思われ、アメリカも中国も距離の違いがあるにせよ、隣人を愛するのは重要だと思います。トランプ大統領も、習国家主席も隣人として一人の人間として愛したいと僕は思っています。それでは。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  あと20年後には、新しい... | トップ | 今は中京大学の図書館で書い... »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。