のんびり気ままに花鳥風月

我が家のワン&ニャンの写真と

日々の出来事や通院記録などです。










うだる道内10日連続真夏日 7月として20年ぶり

2017-07-15 08:27:08 | ニュース
 記録的な暑さが続く道内は、14日も各地で気温が上がり、帯広市などで最高気温が36・2度に達するなど、全道173観測地点のうち11地点で35度以上の猛暑日となった。

36・1度を記録した十勝管内幕別町糠内など13地点で、7月として観測史上最高を記録。道内上空にとどまっている二つの低気圧の間に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み続け、暑さを長引かせている。

 道内で最高気温が30度以上の真夏日となるのは10日連続で、札幌管区気象台によると、7月としては1997年以来20年ぶり。

札幌市は34・9度、旭川市は32・9度で、ともに今年の最高気温を更新した。

■熱中症31人搬送

 道内では熱中症とみられる症状で救急搬送される人が相次いだ。北見市の北見工業高で生徒14人が吐き気や頭痛を訴えて病院に運ばれたほか、小樽市で4人、旭川市で3人など少なくとも計31人が救急搬送された。いずれも命に別条はないという。

 気象台によると、道内の7月1~10日の平均気温は平年を3・1度上回り、1961年の統計開始以降、2013年に次いで2番目に高かった。11日以降も真夏日が続いている。

北海道新聞



10年ぐらい前まではまだ涼しいと感じていた北海道ですが、毎年気温が高くなっているように感じます、それも春先から。

30年前のGWはファッション先取りなんてやってられないぐらい、強風でとても寒かったです

それが今では春先からポカポカ陽気が続くので楽しむことが出来ますが。

この暑さは異常ですね

ここ数年、アセモに苦しめられてます、ただでさえ皮膚筋炎で皮膚が弱いというのに、、。

我が家にエアコンを付けたのも10年ぐらい前だと思います





北海道ランキング


病気・症状ランキング
『闘病』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鼻クリーンと指しゃぶり | トップ | 続・最終確認 7/15㈯ »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL