世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

アンチブログより怖いブログ2

2017年10月23日 | 日記
現役学会員のブログに、こんな大真面目(なんだろうか?)な記事があった。

公明党とその支持者には「自民党は味方」という呑気なムードが広がっていますが、これは仏法を全く分かっていない証です。
現在、学会員は自公連立政権を支えるため必死で戦っています。その最中において、政権トップが堂々とカルト教団に供物を奉納しているのだから、天下の創価学会もナメられたものです。
本心において、彼が法華経を憎んでいることがハッキリとわかります。
安倍晋三こそ、現代の僭聖増上慢なのです。

創価学会は折伏の団体なのだから、公にこの供物奉納を批判するコメントを出すべきなのです。それが現代の国家諌暁です。
悪を放置したまま支えるだけなら、与同罪です。国家権力より仏罰を恐れるべきなのです。
安倍首相に残された道は、邪宗を捨てて法華経に帰依するか、国主の座を退くか、そのどちらかです。


ちょっと前までは、選挙というと立正安国論を出して信者を焚きつけることに成功していたのに、時代は変わったってやつ?
薬が効きすぎてしまった(笑)
いやあれは方便っていうか冗談っていうか、そもそも日蓮からして冗談だったし…なんて今更こんな盲信者にどうやって説明しよう?




∑ヾ( ̄ω ̄;)ノソレハ、ワスレテッテバ…!!
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

宗教ビジネス4

2017年10月22日 | 日記
学会員はしばしば自腹を切って、友人や知人に聖教新聞を贈呈している。
自分は人の分までお金を出して買い、それをタダでプレゼントするのだ。
「広宣流布に使ったお金は何倍にもなって戻ってくる(或いは何かしらの幸運になって戻ってくる)」
という確信に乗っ取って。

聖教新聞社は会員に、会報誌を絶対に贈呈なんかしない。
オンライン配信も無料にはしない。
DVDもパンフ一枚も自腹など切らない。
かっちり集金させていただく。
無料でプレゼントしてお金が戻ってくるなんてアホらしいこと、信じられるわけないからだ。

だけど末端は信じる。
嬉々として夢みるように信じる。
一部、贈呈でも「いいよ。とってあげるよ」と言われると、目を輝かせて大喜びする。

トップはこういう喜びを提供しているんだからと、その代金を頂く。
一般にはなかなか理解できないかもしれないけど、こんな信じがたいことでボロ儲けできるのが宗教ビジネス。




♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪マイドーーッ
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

選挙の風景

2017年10月22日 | 日記
学会員は選挙になると、拠点に集まって題目を上げる。
願いとして叶わざるなしと言われる題目だから、題目で選挙の結果を左右できると信じられているからだ。
本当に題目で選挙結果が左右されるなら、そんな恐ろしいことはないけれど(笑)

学会員さん、題目でできるのは下記のようなことです。
題目によって病に打ち勝つような不屈の闘志が湧き上がってくることで、選挙当日
「ねえ、選挙行った?くれぐれも公明党おねがいね。何なら車出そうか?」
と言える、とてつもない勇気が持てること。
そんなことを言われた相手からドン引きされても、全く気にしない厚顔さが芽生えること。


もっとも学会員は公明党が勝とうと負けようが、実際のところそれほど興味はない。
私の知っている婦人部はある選挙の時、公明党勝利のために10時間唱題をしたと言った。
公明党が勝つために10時間座れるの?と驚いたら、こんな返事が返ってきた。

「広宣流布(選挙)のために祈ることを、誓願というのよ。誓願をすると自分の願いは何でも叶うの」
一般にはもう、理解不能の理屈だと思う。




タラー( ̄_ ̄ i)……
コメント (31)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題(satouさん)玉置浩二ショー サーチライト 玉置浩二×絢香

2017年10月22日 | 日記
玉置浩二ショー サーチライト 玉置浩二×絢香




お子さんの為に頑張っているサキコロさんに贈ります。
子供が暗闇で迷ったり、道が見えなくなった時、前を照らすサーチライトになれると嬉しいですね!
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題(シドさん)RADWIMPS/夢灯籠(映画『君の名は。』主題歌)cover by 宇野悠人

2017年10月21日 | 日記
RADWIMPS/夢灯籠(映画『君の名は。』主題歌)cover by 宇野悠人




私からみなさんへの曲です

音楽と言葉
みんなの思い
未開拓の世界へ

せーの!


ってことで。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題 レモンさんのお人柄

2017年10月21日 | 日記
このブログでレモンさんは、ご自身のいろいろな素顔や本音を語ってくださり、よい意味でレモンさんのイメージが変わった方も多いのではないでしょうか。
今年の二月のことで、コメント数もそれほど多くはなかった頃、レモンさんがこんな面白いエピソードを書かれていたことことをご存じでしょうか。
知らない方は爆笑だと思うのですが、この件で(エロDVD事件と呼んでいますw)、私はレモンさんのお人柄がいちばん滲み出ていると思います。
自分だったらどうしたか、それぞれ考えてみてください。
ちなみに私だったら……いや、それは書きません(笑)


ところで、突然思い出してしまったしょうもない事書かせてください。
地区に、90歳婦人部と60代壮年の親子がいました。
ある時、婦人部の小グループの会合で、その高齢婦人部宅で私と幹部と90歳の婦人の3人で創価DVDを見ることになったのです。
壮年はアルバイトに出かけていて、90歳の婦人はDVD操作ができないので「私はそういうのわからないからレモンさん、やってちょうだい」と言われました。
「はい」とDVDを開閉して創価DVDを入れようとすると・・・・なんと中にはエロDVDが!!
レンタルのではない代物でしたので、ご購入したのでしょうか、付録でしょうか(どうでもいいですね、ハイ)
壮年の息子さんのですね。

ど、どうしようー!これを取り出して創価DVDを観たら、もしかして夕飯時に「今日ね、レモンさんがきて一緒に創価DVDを見たよ」という話題になるかも。
すると、壮年息子が「やばいDVDを見られた!もう会合でられない!俺非活になる!」となってしまうんではないか・・・という創価脳ならではの想像が瞬時に駆け巡り、ソッと何事もなかったようにDVDを閉めて「なんか自分の家のDVDじゃないので、操作がよくわかりませんでした」と答えて大百の読み合わせに変更しました。
ちなみに一緒に行った幹部は、携帯も持たない機械音痴なので「あら、そうなの?残念ね」で終わったのでホッ。
90歳の婦人は亡くなりましたが、壮年は今も活動家です。
もしも、あの時DVDを見ていたら非活になっていたのか・・・と考えたりして。
しょうもなさすぎの話ですみません、なぜか思い出してしまいました。




∑(゚∇゚|||)げーんっ!!
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題(satouさん)Enigma - Return To Innocence

2017年10月21日 | 日記
Enigma - Return To Innocence



お疲れのレモンさんに贈ります。
歌詞がいいですね。
以下抜粋。
That will be the Return To yourself
The Return To innocence
If you want then start to laugh
If you must then start to cry
Be yourself don't hide
Just believe in destiny
Don't care what people say
Just follow your own way
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

SF小説

2017年10月20日 | 日記
カルトなんか消えてほしい。
たったこれだけを言ってるのに、やれ救世主願望だの選民意識だの創価と一緒だの面倒くさくてしょうがない。
それこそ新しい宗教に聞こえるんだ。

創価はカルトだけど、それをいつまでも叩くのはどうかと思う教とか、
その理由はあれなんだ、これなんだ教とか
どこそここはもっとスピチュアルを取り入れていて、よほどためになるよ?とか。
そういうお節介な布教って、どこまでもどこまでも追いかけてくるし、そこら中にしかけてあった。

歩いてると、そう呼びかける人たちがいる。
家のポストに、勝手にビラを入れていく人たちがいる。
それも自由なんだよ、チミってね。

うるさいなあと振り切って走ると、後ろから「おーい、そんなんじゃMCも解けないぞーー」と追いかけてくる。
せっかく創価から離れたのに、この世は布教だらけだった。
そしたら向こうから笑うせえるすまんみたい人が近づいてきて、気持ち悪くニヤけた顔してこう言う。
「そういうあなただって極アンチ教を布教しているでしょ?」

何なんだ、ここは?
いつからこんな気持ちわるい国になったの?

そんなSF小説が書けそうだなあ。




ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ ヤバヤバ
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題(joshua treeさん)古澤剛 Drive My Car Gibson Southern Jumbo HISTORIC COLLECTION

2017年10月20日 | 日記
古澤剛 Drive My Car Gibson Southern Jumbo HISTORIC COLLECTION



ビートルズナンバー、ワシからもいきまっせ~!
シドさんウイーク、有意義でしたね。
この弾き語り、何気に凄いです。
里帰りした時に、近くでライブされてるようなので、勉強がてら観に行きたいです。
ビートルズ、やはり偉大です。
机、ドーン。(違うか!)?
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題Across the Universe by Utada Hikaru Cover

2017年10月20日 | 日記
Across the Universe by Utada Hikaru Cover



宇多田ヒカルが歌うビートルズ。
ジョン・レノンの命日のライブだったそうです。
うーん、素敵すぎる♫
今週は神田川と、シドさんweekだったね。
お疲れ様でした!
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題(サキコロさん)かぐや姫 ひとりきり 2005

2017年10月20日 | 日記
かぐや姫 ひとりきり 2005



週末ですね。
今週もみなさんほんとうにお疲れ様でした。
私はロックもJAZZも日本のPOPSも好きなんですが、
中学時代に聴いたこの曲も好きなんです。
ほろ酔いk分で聴いていると、自然と涙が出てきます。
なんとなく日本の原風景を感じられる曲でリラックスできるんですよ。
よければ古い曲ですみませんが聴いて下さい。

私、創価班9期で創価班経験者では一番の古株です。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ある末端婦人部3

2017年10月20日 | 日記
創価時代、私のしらゆり長だった人は、聖教新聞の体験談に大きく掲載されたほど信心強情な人だった。
会合で見る彼女は、いつも生き生きしていて皆の憧れだった。
そんな彼女を、私もとても尊敬していた。

ある時二人で道を歩いていたら、しらゆり長のママ友とばったり会った。
選挙戦の最中のことで、間髪いれず、彼女はその友人に公明票を頼み始めた。
彼女の選挙への熱意は噂には聞いていたけど、実際にこんなことを目の前で見たのは初めてだった。
私も活動家だったに違いなかったはずが、正直驚いた。
何にって、その厚顔さと常識のなさに。

他人のふりをしたくなった。
明らかに侮蔑の表情を浮かべたその奥さんと一緒になって。


私はその時、よく知っているしらゆり長より、なぜか初対面の、目を伏せたその奥さんの気持ちの方がズン!と心に伝わった。
その奥さんと別れた時、しらゆり長の何も感じていないような満面の笑顔に私は「わだかまった」
好きな人の見たくなかった面を見たような気持ちといえばいいのか……
憧れと尊敬と、複雑な気持ちが錯綜した。
言葉に表すのが難しかった。

聖教新聞の記者は「勝利の人」と簡単に書いていたけれど。




・・・( ̄  ̄;) うーん
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

シドさんより

2017年10月19日 | 日記
海さん、みなさん
色々お騒がわせして申し訳ありません。
下世話な議論はまったくの不本意でありながら
徹底的に一度やっておかなくてはいけないか、という思惑もありましたことをまずお断りさせてください。
以下
色々重複する内容が多々含まれますが、
何卒ご容赦ください。

私が2ちゃん(5ちゃん)に常駐していたのは
「覚醒2世3世スレッド」であり、2世問題を中心に創価カルト問題に関して参加してきました。
2世3世4世の当事者無自覚の入会は精神的児童虐待である、ということから入会そのもの無効を訴えてきました。私の言論戦の主軸はそこです。自身がその被害者であることを充分に自覚しての訴えです。

創価学会が乳児の入会を認めている事、また、現場組織の未来部組織を運営していること、信教の自由という憲法の大前提とは程遠い、現実問題です。

子供が信仰を継承しない場合、親子間、家族間の断絶、結婚問題等々、様々な形で個々人の人生に多大な影響を与えてしまってきた2世問題にメスを入れたい、というのが本意です。
そこで創価はカルトさまと何度か言葉を交わしていたもので、今回手を差し伸べてくださったものと察します。

私が対話の存在を知ったのはその覚醒スレで
このような素晴らしいアンチブログがあることから
管理人さま、そしてご参加の皆様に対し敬意を持っていました。それは分け隔てなく、です。

2ちゃんにおいて対話スレッドをたまたま見た私はいったいどのようなことが書かれているのかを見てみました。そこで驚いたことが対話ブログに参加されていた個人を叩く書き込みと、その内容でした。
それが後々ご縁をいただくこちらの管理人・海氏のことだったわけです。
見るに見かねた私は窘めました。
当時はコテ半ではありませんでした。
立場としては対話はロム専である完全部外者です。

通常、ネット上では芸能人や有名人でもない限り、どのような理由があるにせよ個人に向けて
執拗な攻撃をすることは「暗黙の了解」のうちに淘汰されるものであります。
とくに巨大掲示板はその「暗黙の了解」ができる人が過去多数を占めてきました。

ネットにおける基本中の基本ルール。

それは世間一般生活における「人様への執拗な陰口」がインモラルであることとまったく同等です。

子供の世界でもLINEいじめ、SNSいじめという社会問題はそんな基本ルールが破られている結果です。

そもそもインターネットはアメリカの軍事の一環として開発された技術です。
かつて開発者たちの書籍を読んだのですが
このツールをバカにまで持たせるとどうなるかという今実験の真っ最中なのです。
スマホが普及しきった今、様々ところで
たくさんの問題が起きているのも、
「実験」として見つめている側がいるんですよね。

ネットであれ、リアルであれ、良心の呵責に苛まれないものは個人の陰口を叩く人々はいるでしょう。
しかしそういう人には表向きはたしなめられないものの、信頼を失っていることが通常です。創価も然り。同類のものは一緒になって陰口を叩く。

対話スレの参加者が非常に悪質に感じたのはただの陰口だけではなく
事実を捻じ曲げた個人のネガキャンの内容を見たときでした。
私はあくまで第三者でありますので
事実誤認をしたくもない。
当時の流れを対話ブログにおいて
きちんと読み返していきましたので
その悪質さには驚いたものでした。

私は散々創価のでっちあげ手法を見てきた2世です。日顕問題・山友問題、信平問題、竹入、矢野、福島、竜問題然り。

そういう創価の歪なネガキャン体質から覚醒につながったわけです。

それらと同じように、ましてや個人に対し
こんなデマを平気で書けるような対話スレッドに
義憤を覚えたのは言うまでもありません。

創価に関しては実体験が乏しいが故
聞きかじりレベルで叩けても
個人レベルでは創価体質そのものではないですか、と。
それも常に自分を優位におかないと気が済まない
という歪んだプライド気質。
いえ。創価云々の前に
そもそもの人格のなせる業であるというのが本質でしょう。そこに創価テイストを絡めてくるものだからより悪質だなと。

対話スレのその傾向に
何度も私が咎めに入ったところ、
「お前はモニカだろ!!」という反応に何度も何度もなりました。それは一度や二度ではありません。
延々と、です。

その反応そのものが「異常」に感じました。

個人を中傷することに対し、なんら悪びることもなく、そして誰もそれをとがめないという異常さ。
モラルのなさ。ネットリテラシーのなさ。
2ちゃんにおいても非常にレベルの低い人々で構築されている板である証左だと思いました。

名無しだから、2ちゃんだから。
たかが5ちゃんだから。
そんな言葉がその人たちの「甘え」の現れでしょう。

レモンさん、この対話スレの一連の中で
私に憎悪を抱いた人はいたと思います。
自分たちのやってる行為に水をさす。
それがめちゃくちゃうっとおしかったと思いますよ。
それをわかってて私はバカ満載フル起動で
「あんたらあかんことやってんねんで!!あほかー!!!」と注意してましたからw
直でぼろ糞いわれたらそりゃ私に
憎悪てんこ盛りでしょうね。
中身をどうこうちゃんと考えることはしない。
ただ「私に楯突いた!!」とムカつくんでしょう。
ここが私に憎悪を持つきっかけだったのだろうと。

他の板(創価・公明以外)に参加すればよくわかるのですが、そんな軽んじた姿勢で個人の中傷を執拗にするもの(ブログ主対象なんてもってのほか)
「完全な馬鹿扱い」悪質な場合は「通報対象者」です。さらにもっと悪質な場合はサイバー犯罪に通じていくのです。

これが創価側の差し金であろうと
元会員がやってようと
いずれにしても
「低俗かつ悪質な迷惑行為」であることは
間違いないわけです。

そもそものネットリテラシーのなさ、
モラルの無さ、良心の無さが露呈した
事件であったのではないか、と私は思います。

これが本部であっても、
創価はやはりそういうとこなんだといえますし、
個人においては「そういう人」である、
ということです。
ゆえに結果として創価に利は一切ございません。

思いあがってもらっちゃ困るんですよ。
誰がそんな人や組織と好き好んで関わりましょう。

気持の悪い書き込みから
吐気に襲われながらの3日間。
選挙前になにやってんの?と思いつつ
ラジオ、ネット等々で政局気にしつつ。

レモンさん、satouさん、ほんとうにありがとうございます。私はスッキリですよ!!!!

satouさん
「批判力」
仰る通りです。わざと挑発するあたり、私も決して
善人ではありませんw
色々みたくないものを見てしまいましたよね。
嫌な気分にさせて本当にすいません。
そしてありがとうございました。

2世3世問題の主軸は変えませんが対話スレ・世界一スレは一切相手にしません。
今後も個人批判のネガキャンでもやるのかもしれませんね。
ご自分でご自分の首を絞めたいのならどうぞどうぞ、存分に個人叩きをおやりください、と言うしかないですね。批判だからいいのよ!という方は我が子に「批判は陰でこそこそやるものなのよ!!!悪口は闇サイトに書いてやりなさい!!でも言葉には気を付けなさい!!綺麗な言葉で悪口書くのよ!!!」と教育するんでしょうか。


図々しい限りかと思うところはありますが
今後は海さんがお許しいただける限りは
こちらにも参加させていただきたいと願っております。海さんに甘えてしまってほんとうに申し訳ない。

カルト問題は本当に根深いですね。
創価はカルト様がご紹介くださった
rsd37264さん(等覚寺雅道さん)の論拠をもとに長年創価カルト問題と闘ってくださったような方がいてくださったことを知り、私は今回全霊で感謝した次第です。ひとり泣きました。
ネットで創価削除隊がいて、rsd37264さんの貴重な書き込みも消されていた事実も知り得ました。
我々がネットで発信することは
多くのカルト被害の抑止につながるものと思います。
様々な阻害の動きもあるでしょうが、私もやり続けます。
かつて覚醒スレで元活動家の方が教えてくれました。
「子宮頸がんワクチン」の被害者の方々に対し
自分たちが署名をやったことが本当に申し訳なく思い、自分のやったことを謝罪したうえで、創価も辞めて、
何か力になりたいと被害者の方たちの活動に参加してるんです、と。
ご自身も病を抱える身でありながら、少しでも被害者の方の役に立ちたいんです、と。
もうね。泣きましたよ。ほんとに。
その方の心情を思うと。

創価の罪。それを表に出し続けること。
これは広義的に誰にも咎める権利はないですから。
信仰するも自由、カルトを罪と言うのも自由です。


海さん、みなさま。

色々とご迷惑、ご心配、不快な思いをさせましたことを心よりお詫びすると同時に、見守ってくださっていてくださったことに心から感謝いたします。
海さん。みなさん。ほんとにありがとうございました。
コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

アンチのアンチ3

2017年10月19日 | 日記
昔、対話ブログでコメントが承認されなかったりアク禁にされた人たちが、その後ブログを荒らそうとした執念はすごいものがあった。
何かにつけて入り込もうとして、難癖をつけてくる。
目的は「気に入らないから文句が言いたい」ということだから、中心思想なんかない。
コロコロ変わるどうだっていい屁理屈を次々にぶつけてきた。

アンチブロガーに対して、
創価を離れても癖が抜けな人が、アンチブログなどの心の拠り所を求める。
第二のマンセー。
よって、創価を叩くなんてことから離れたら本当の覚醒。

とやたら言いたがる人も似たようなものだ。
本心はそこではなく、アンチブロガーが何らかの理由でおもしろくない。
癪に触って黙っていられないから、何かしら難癖つけてくるだけなんだ。
下手したらシンパ以上の攻撃をしてくる。

それこそ心の拠り所のように。

例えば原発に猛烈に反対しているアンチがいたとして、原発に興味がない人は、アンチが騒いでようと何してようと全く気にならない。
同じく「創価なんかもう叩いていないし本当に覚醒している自分」というなら、アンチなんて気にならないよ。

創価アンチがそこまで気になる、執拗に書き込みしないと気がすまないとほど癇に触る、というのは「何か」あるんだ。
ものすごく強烈な何か。


自分が人にはよく言う
「叩かずにはいられない、自分の中に強く強くわだかまっている何か」
その正体を見つめてみては如何か。




(ーー;).。oO(想像中)
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

赤いハイヒール(替え歌 サキコロさん)

2017年10月18日 | 日記
アンチ創価のうちあけ話(赤いハイヒール 替え歌)

1.ねえ友達なら聞いて下さる?
  ねえ友達なら聞いて下さる?
  アンチ創価の うちあけ話

  信濃町についたその日は
  私創価の信者だったの
  ハンドバッグに念珠を入れて
  私向かった信濃町大誓堂

  純粋なお嬢さん 創価の財務が
  それから君を 無一文にしたね
  『あらいやーん!』と覚醒をして
  創価を叩く 君が好きだよ


2.新聞啓蒙 選挙のお願い
  ひとつするたび友無くしたわ
  後悔だらけ私の青春
  友達去って まわり信者だけ

  純粋なお嬢さん 学会活動が
  それから君を 意固地にしたね
  ネットを見て 覚醒をして
  創価を叩く 毒を吐くよ


3.創価脳のバリ信者はね
  死ぬまで信じる ああ創価のことを
  一度信じたらもうとまらない
  誰か助けて 創価脳信者

  純粋なお嬢さん 創価を信じても
  何の功徳も 幸せも無いよ
  覚醒して 創価をやめて
  幸せ それで つかめるだろう

  純粋なお嬢さん 創価を信じても
  何の功徳も 幸せも無いよ
  覚醒して 創価をやめて
  幸せ それで つかめるだろう



替え歌なんて作った事無かったんですが、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」と言ったらアンサーソングと言われたのが、「赤いハイヒール」。
これで仕事中に作ってみました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加