世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

閑話休題(レモンさん)Stevie Wonder - PLACE IN THE SUN - Motown

2017年09月30日 | 日記
Stevie Wonder - PLACE IN THE SUN - Motown



覚醒したら、陽の当たる場所へ歩いていきたい。
そんな気持ちを込めて、私からはスティビーワンダーの「PLACE IN THE SUN」

太陽のあたる場所があるんだ
そこでは全ての人に希望があるんだ
そこに僕の貧しく落ち着かない心を駆け込ませなきゃ
そうだよ 太陽のあたる場所があるんだ
そして僕の人生が終わる前には
見つけなきゃ 太陽のあたる場所
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題(joshua treeさん)Norah Jones - Don't Know Why

2017年09月30日 | 日記
Norah Jones - Don't Know Why



サキコロさんと同じく、ジャズピアノの練習を頑張りたいとおっしゃっていた シドさんと、見事に覚醒されたドジョウさんのこれから始まる開かれた新しい人生の門出に、大好きなノラ ジョーンズの曲をお送りします。
この曲も、確かグラミーを受賞していたと思いますが、優しいボーカルとクールなメロディが耳に残る名曲です。
こんなすごい曲を、ピアノの弾き語りでサラッとやられたら、たぶんこう叫んでしまうことでしょう。
「惚れてまうやろ~??」
古いっちゅ~ねん (^_^;)
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

祈った人2

2017年09月30日 | 日記
アンチは「今思うと、創価の功徳なんて偶然のこじつけだ」という。
確かにそういう思い込みも多々あると思うけど、強く強く、深く深く…本当に捨て身で泣いて祈ったというような「祈り」というものは、宗教だの国境だの、そんなチンケなものを超えて届くのではないだろうか?と私は思う。
祈りというものにはそんな力があるように思う。
また、そういうことを本気でできる人こそ本物のような気がする。

私はスピチュアルなど全然知らないし、難しいことはわからないけど、世の中には本当に純粋に祈れる人が一定数いると思う。
創価学会員は圧倒的に「ふつう」な人が多い。
祈っているようで、ふつうの人にはできない「祈り」という重みを信じることができた人はどのくらいいたのかな?

「バリ活」と「祈っていた人」
創価を離れて会話してみた時、その違いが伝わる気がする。




ヾ(´▽`)ノ キョウハ回転寿司♫
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題(サキコロさん)Diana Krall - Cry Me A River (Live In Paris)

2017年09月29日 | 日記
Diana Krall - Cry Me A River (Live In Paris)



週末ということで対話デビューされたシドさんと、
こちらに書き込みデビューされたドジョウさんに送りたいと思います。
女性JAZZピアニストの曲です。
シドさんはJAZZピアノを練習したいと言われていたので、
ダイアナクラールを選んでみました。
ダイアナクラールのご主人は、なんとイギリスのロック歌手のエルビス・コステロです。
シドさんも聴いてくれるといいなあ。
ドジョウさんも音楽聴いてリラックスして下さい。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ソフト路線

2017年09月29日 | 日記
カルト教団も、ソフト路線になったら生き延びられる。
オウムもそうやって強かに生き延びてるってね。
名前も変えて、教義も変えて、縮小して、おとなしくひっそりしてれば大丈夫。

バリ活に火をつけて燃え上がらせたら成果もあがるけど、批判も強まる。
ソフトにやれば成果もパッとしないけど、パッシングもされない。
もう批判されるほどに燃えるなんていう、血の気の多い若者はいなくなった。
ユルユルとしたおとなしい創価学会。
アンチのいない創価。
魔のいない仏道修行?

あんなに絶叫したのに、今後はなかったことにしてとぼける言葉。
「魔がでるのは正しいことの証明」
「仏法とは仏と魔の闘い」
「仏敵に打ち勝ってこそ宿命転換」

そんなこと言いましたっけ?

これをきれいに訳すと「ソフト路線」



(o≧▽゚)oソフトにね~
コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

創価クライシス3

2017年09月28日 | 日記
創価はネットを嫌う。
時代もあってそうもいかなくなって、致し方なく公式ホームページも作ったし、聖教オンラインも始めたけれど、ほんの触りだけにしている。
本当は誰の目にも触れるこんなことはやりたくないんだ。

何故って騙しの核心部分は、MCされた人だけを密室に集めてこっそりやりたい。
ネットでオープンなんかにしたら、それは会館にカメラを持ち込まれて撮影されるようなものだ。
冷静で客観的な一般人にも読まれてしまう。
アンチにもどんどん付け込まれてしまうもんね。


人は騙そうとする人間でなく、本心から信じている正直者が、真摯に訴えるからこそ聞く耳を持つ。
トップは自らが一般人を勧誘したいのではなく、それはあくまでもMCされた会員の口から広めてほしいんだ。
本当のこというと827万所帯なんて自分からは書きたくない。会員に言わせたいんだ。

工夫も要る。
あれは親密な人間関係や、不幸に付け込む脅しや、密室に連れ込まれてのわけのわからない高揚感や、ノーと言えない雰囲気などを作り出して初めて騙せるものなんだ。

その点、騙す必要のないアンチはのびのび書けるな~。
今日もひたすらのびのび書いている、ここは世界一のびのびした創価アンチブログ
\(^▽^)/



( ̄▽ ̄)y-。o○ワタシハ喫煙者デハアリマセン…
コメント (31)
この記事をはてなブックマークに追加

こっちの方がいいかな

2017年09月27日 | 日記
不祥事があるたびに、残念だけどやったのは個人であって、教えは正しいという答弁。
創価は政治家みたいなこのもの言いを、議員もするし、末端もする。
全員が政治家なのかもしれない。

残念ながら教えなんてデタラメなんだけど、個人は立派なの。
どうせならその方がいいんじゃないの?
どうしても創価の教えがいいなら、せめてこうなりましょうよ。




o( ̄◇ ̄ゞラジャ
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

池田センセーの権力

2017年09月27日 | 日記
大仏センセ-のスキャンダルは大物政治家を使ってでも得揉み消すのに、復興副大臣程度は辞めていただく。

なぜって、仏と凡夫じゃ格が違う。
太陽の帝王で、自分に敵う人は世界にもいなくて、俗なマスコミは相手にせず、語るとしたら相手は宇宙である大仏センセーと、元広宣部のリーダー程度のチンピラ議員と一緒にするな。おかしいでしょ?
ごもっとも。




(><*)ノ~~~~~サヨナラ
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

アンチ今週半ばの言葉2

2017年09月27日 | 日記
反論するとムキになるのは図星だからといい、相手にしないと反論しないのは図星だという。
創価を叩くと、そんな2極化を叩くのは創価的だと、結局創価を叩いているループ。
言葉の応酬なんてそんなもの。

そんなこんなもぶった斬って書く、ここは世界一極アンチなブログ。




フンガー○。.( ̄@@ ̄ )y-~
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

アンチブログより怖いブログ

2017年09月26日 | 日記
執行部はアンチブログだけでなく、実は熱心な会員がシンパブログを書くことも嫌っている。

>学会にとって選挙戦はあくまで宗教活動であり、「広宣流布を加速させる」ための闘いです。
>具体的には、政治対話を口実として、仏法対話を進めることです。


トップが世間には懸命にとぼけてグレーにしているこんなことを、クソ真面目な末端がサラリとブログに書いてしまうから怖い。
ちょっと、ちょっと!こういうことは会館の密室で、会員の前だけにこっそり言うものでしょ(;゚∇゚)
アンチじゃないから「デマだ」と一蹴することもできず、これアンチブログよりまずいんじゃないかなあ(笑)




(ε=ε=ε=ε=\(;´□`)/イウナーーーッ
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

池田センセーの和歌

2017年09月26日 | 日記
婦人部時代、懲りずに一人を入会させてしまった。(今は完全非活)
それからほどなくして、ナンチャラ総会という地元の大きな会合があった。
その数日前に、某幹部から電話があった。
「海ちゃんおめでとう!!池田先生から海ちゃんに表彰されることが決まったのよ!」
私より幹部の方が興奮していた。
あっそう…
「記念品が贈られるのよ!先生からよ!」

その記念品というのは大仏センセーが著書(らしき)の和歌集だった。
覚醒する前といえ正直がっかりした。
こんなわけのわからない本なら、かっぱえびせんの方がよかった。
全く読まずに捨てられたその本。
世の中には製本されるべき素晴らしい文章が山ほどあるのに、何にも響かない歌が金に任せて美しく装丁されて、何万部も刷られてる。

大仏センセーの和歌で、心が痺れたという人がいたらこっそりでも教えてほしい。
MCされていたとしても限度があると思う。




ε=( ̄。 ̄;A マジカ…
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

言葉の力

2017年09月25日 | 日記
創価学会は選挙になると様変わりする。
題目だの御書だの折伏などのナンチャッテ行事は中止して、本当の目的である票取りに奔走する。

金儲けと選挙。
この二つが本来の目的であって、あとはそのための手段にすぎない。
一体創価は、信仰とは全く関係ないこの二つをどうやって信者に「これも信心です」と思い込ませているのか?

それはわりに単純で、財務はご供養で、選挙は法戦と教える。
本当に言葉一つなんだ。
これを巧みに操っている。
だからブログの言葉一つが大切なんだと思う。




( ̄○ ̄;)( ̄∇ ̄; )( ̄□ ̄;)アメンボアカイナ!アイウエオ!
コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

パターン化思考

2017年09月25日 | 日記
ネットの影響かな?
面白かったら「ワロタw」
言い合いして敵わなかったら「粘着質」
ブログの更新が早ければ「ネット依存症」
自分の想像が及ばない人間は「発達障害」

覚醒者とはこういうもの。
正しいアンチブログとはこういうもの。


ぜーんぶ知識。
ぜーんぶ聞きかじり。
マニュアル大好き。
カテゴリー大好き。

「ナンミョー」は宇宙の法則です。
これとどう違うのかな?
世の中には、パターンにはまらない人間なんていっぱいいる。
自分の規格に当てはまらない人間なんて山ほどいる。
てか、それが当たり前。
生まれつきソーカの人はここから学習しなきゃいけない。
自分の頭で考えることができる人は(当たり前なんだけど)、相手にもしないのが創価アンチブログ。
その程度のもんなの。





(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)フッ
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

読み手がいます

2017年09月24日 | 日記
アンチブログにコメントを書く人。
吐き出したい思いは無数にある。
私にも、もちろんある。
そんな時は「吐き出したい」感情の他に、「伝えたい」という意志を少しだけ持つことをお勧めする。

ネットというのは、真っ暗な洞穴に一人叫んでいるのではなく、読み手がいることを少しだけ意識する。
これは人のためであるようで、自分のためでもあると思う。




(゚-゚*)(。。*)ウンウン
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

一人一言

2017年09月24日 | 日記
婦人部の時、グループ長といういちばん下の役職があった私は、月に一度「グループ長会」というグループ長ばかりが集まる会合に出席していた。
そこで必ず「一人一言」と言われた。
座談会でも少人数の場合、この「一人一言」を要求された。

その度にどうしたら一言で端的済むか、そればかり考えた。
だけど必ず、だらだらと長話をする人がいて、私はそれが不思議でならなかった。
なんでこの人は「一言」という簡単な日本語がわからないのか?
でも誰も、それには一切触れなかった。
そして一言ではない、要領の得ない長話が終わると、なぜか一段と笑顔を拍手が起こった。

最後まで不思議だったことの一つ。
ちなみに「もうちょっといい?」も言わず、当然のように話していた。




フワァァ(/ 0 ̄)~゚
コメント
この記事をはてなブックマークに追加