世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

自分を疑ったことがある

2017年06月30日 | 日記
御本尊様は絶対。
大聖人様は間違いない。
池田先生は偉大。

ではなくて、
御本尊様は絶対と思う、自分が絶対。
大聖人様は間違いないと信じる、自分が間違いない。
池田先生は偉大とわかる、自分が偉大。

ではないのか?

逆にいえばアンチは、曼荼羅や教えや池田を疑ったというより、そんなものを絶対と信じていた自分を疑った。
だから自分に自信満々なわけじゃないし、また何かに騙されるかもしれないとも思っている。
ただ、自分が絶対と思っている人よりは騙されなくて、この方が信用できるんじゃないかなと思う。



(*゚.゚)ゞポリポリ
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

信じれば同じこと

2017年06月30日 | 日記
選挙の報告にうんざりした。
Fというのは取ると友人から怒られて、取らないと幹部から怒られる。
どっちにしろ怒られる。
それでエア報告を思いつく。
友達に支援頼んでいるふりをすれば、悩ましい両方の問題が解決する。

大仏センセーもこの方法で様々な難問をクリアした。
本当に原稿を書いたり、本当にピアノを弾いたら会員が去っていく。
でもこのくらいやってみせないとトップとしての立場がない。
それですべて自分がやっているふりをしてみせた。

ふりをしているだけで、やらなかったら功徳はないんじゃないの?
そんなことはない。
要は「そうなんだ」と信じさせること。
本当にそうだと信じれば、それは本当のことと同じになる。


大仏センセーが荒川文化会館に現れたと信じれば、荒川区の学会員は本当に元気になる。
エア?
それが信じるってことじゃないの?
エア創価学会万歳ーーーっ
\(^▽^)/
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

愚痴はどこへいく?

2017年06月28日 | 日記
愚痴は福運を消す。
香峯子抄に書いてあった。
理不尽は信心でうけとめろという叱咤。
これもよく聞いた。

学会員はじゃあこれをどうするかというと、御本尊様に言いなさいと習う。
それであのトランス状態のような題目が起こる。
怨念も叫びも涙も苦痛も題目となって、掛け軸にぶちまける。
そして幾分さっぱりして、また持ちこたえる。

外ではニコニコして温厚で信頼を得ているような幹部ほど、うちではほぼKICHIガイになって絶叫していることを誰も知らない。
仏様には裏があります。
意地でも明かさない、からくりの一つ。



(▼皿▼メ)ノ
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

或る婦人部長

2017年06月27日 | 日記
都議選を考えていたら、東京に住んでいた頃のすごいおばちゃんを思い出した。
以下再現。

いい?選挙を頼むとね、皆にっこり笑って「わかったわ。いいわよ」っていうのよ。
でも私はね、そうやって愛想笑いだけして入れない人ってのは、見ればちゃーんとわかるの。
甘く見なさんな。
私もにっこり笑って「ありがとうね」って微笑むんだけれど、そういう人にはね、相手が去っていったらその背中にこうやって(目をカッと見開いて、両手をカンフーのように構える)、南無妙法蓮華経ーーーーっ!!!て念で題目送るの。
だから大丈夫。
いい?そうやって票は確実にモノにするのよ!!


怖いわ…(;゚∇゚)
あれはF取りというより、魔剣のような妙技だったゾ。
覚醒して少しは人間になっていてほしい。



(# ̄□ ̄)^o―∈‥・・━━━━━━━☆
コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

アンチというシンパ

2017年06月27日 | 日記
創価のシンパにさせる方法は昔から二つあった。
信者を獲得して洗脳する法と、お金で釣る方法。

布教は厳しくなった。
末端信者がいくらがんばっても会員は出ていく一方。
だから企業として強かに生き残りに動く。
いっぱい仕事をまわして「創価さんありがとう!」「素晴らしいビジネスパートナーだ」と言わせて批判を封じる。
それが面白くないアンチだって、学会員が自分のビジネスに利用できるのならちゃっかり利用する。

キモイ、カルトと小ばかにしながらそれは有難く、なくなっては困る存在だ。
本部が製造する学会員というロボットたち。
彼らがお金を落としていってくれるとしたら。
お互いに利用しながら、持ちつ持たれつ。
そういうのをつまりシンパというのでは?



_(▼∀▼)ノ彡☆ バンバン!!
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

サイアクの話

2017年06月26日 | 日記
突然電話がかかってくる。
今の時代、これが好きな人はいないと思う。
相手がどんな状況かかわからない時に、勝手にそれを遮って割り込む電話。
それしか手段がなかった時代とは、大きく意味が違っている電話。
プライベートでは、家族など信頼関係ができた間柄以外は遠慮するものでは?

選挙になると学会員は電話をかけまくる。
メールだと「残るからいけない」そうだ。

こんなアポなし訪問みたいなこと、誰がやりたいかな?
私が最後にかけた選挙依頼の電話は、タイミングが相手の最愛の父親が急逝して、お通夜の準備の真っ最中の時だった。
その人はそのことを、まだ一人の友人にしか話してなかった。
私からの着信を見て、てっきり情報が伝わったおくやみの電話と思って、忙しい時に受けてくれたのだった。
知り合ってまだ一年ほどだったが、大切にしていた友人だった。

一年間の築き上げた信頼が一瞬でパーになった。
建設は死闘、破壊は一瞬ってやつよ。

私は、こんなことは二度と嫌だと幹部に詰め寄った。
「あらあ、そんなの海さんはわるくないわよ~」
「だって知らなかったんだから、気にすることないわよ~」
実に軽く返された。
脱会する直前の話。



<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

これがやめられない

2017年06月26日 | 日記
人気タレントが闘病生活をブログにつづって、多くの人を感動させて亡くなった。
そしたら彼女は成仏間違いないんだって。
ちょっと前までは、邪宗にお参りする人は、どんなに行いがよろしかろうと謗法の害毒により成仏は無理なんじゃなかったっけ?

間違いないのは、教義がどうコロコロ変わろうと、人様を「成仏した」「しない」と評論したいこと。



┐( ̄ヘ ̄)┌
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

まるで別人

2017年06月25日 | 日記
登壇している幹部と一対一で話したら、まるで別人。
これは何度も経験して不思議でならなかった。
こんなこと心の中で思っていればいいんだろうけど、好奇心からつい言ってしまう。
「『幹部指導』で話す時は、怖い感じなのにこうやって話すとふつうですよね」
(いやふつうでよかったんだけど、狂暴じゃなくて(笑))

幹部は笑って、決まってこう答えた。
「あれはああいう場所だからよ。私はそんなしっかりした人間じゃない」
大勢の前に立って拍手されたら、多少のハッタリも必要なのかな?

退転者が出ると、大勢と団子になって外野からワルクチを言う。
だけど本人の前で、一対一では黙ってしまう。
一対一が苦手。
一人になると別人。

こういう人がすごく多かった。

残りの人生は、しっかり者じゃなくていいから信用できる人と付き合いたい。



ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題 S or M?

2017年06月24日 | 日記
2大巨頭対決 豊田真由子衆院議員VS野々村竜太郎元議員 議員対決 国会


ある意味すごいわ…(*゚▽゚*)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

脱・創価脳

2017年06月24日 | 日記
創価脳。
創価の悪口を言われると下りるシャッターが有名なので、創価さえやめれば治ると思ったら大間違い。
価値を創るという言葉通り、創価はあまりにも独特な価値観を植え付けた。
価値観が変わるって人よっては大変なことと思う。

闘いが大好き。
人を挑発するのが無上の喜びで、言い返されるもまた嬉し。
闘いに迫害はつきものなのだ。
反論して言い合うことが目的なので、内容なんてどうだっていい。
深く考えず、言下に反論することがポイント。
相手の話をよく聞いてる暇があったら(聞いている顔は大事)次のヘリクツを練ろう!
学会員はめちゃくちゃな理屈を言っては、反論されると言い返し、これを「言論戦」と呼んだ。
「言論戦に負けてはいけない」「安穏とは闘争の中にこそある」…池田大仏の言葉。

とにかく下世話で覗き趣味満載。
噂大好き。品定め大好き。
組織を表面上円滑にまわすためには、これは裏でいうことが大事。
つるんではヒソヒソペチャペチャ。
あの人ってさ…
誰?誰?××さん?
だよなねえ。
ウヒャハハ!
おばちゃんの欠かせない原動力。栄養補強剤。

作り話が得意。
これは人間革命や池田大仏の演出の賜物。
事実かどうかより、それで高揚感が得られるかどうかが重要だ。
事実を受け入れることは、そんな自分の快楽を失うことがあるので、そんな時こそシャッターを下す。

事実を受け入れる時にこそ勇気がいります。
題目を上げて生命力を鍛えていたはずが、意外に軟弱な人が多いです。
簡単にいかない人はゆっくりストレッチしながら、日々トレーニングですよ。




。。。。。。ヘ(;ё_ё)ノ
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

もとから創価脳

2017年06月23日 | 日記
学会員が独特なのはMCによるものなのか?もともとの気質なのか? 
それは覚醒した時にわかると思う。

何をされたわけではないのに、ただ自分と違う感覚の人間を見ると目障りでしょうがない。
創価じゃなくても因縁つけたくてたまらなくなる。
これが抜けないならもとから創価脳気質。
合掌
( ̄人 ̄)
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

自由を知ってますか?2

2017年06月22日 | 日記
覚醒したらいろんな魔法が解けた。
来世まで抱きしめていく勢いだった教えはカボチャになって、恋が冷めたように、眩しく見えた人がただの騙された人になってしまった。
自分は選ばれた特別な人間でも何でもなくなった。
創価グッズはただのゴミになった。

学会員の代わりに、新しく現れたのは自分と同じ覚醒者だった。
かつての同志であり、覚醒した今は創価時代より共感は増すのかもしれない。
でも過去のそれとは違ったものだ。
もうくだらない縛りはなくなったし、意見が違えば言い合いもする。(だからって福運がなくなるわけじゃない(笑))
覚醒者なら誰でもいいわけじゃない。
話したい人と話す。
上下関係なんてない。
偽善も義務も無理も押し付けも介入しない。
限りなく自由で自然体になった。

この感覚がわかるだろうか。



Ξ(*゚▽゚)ノ ウイッス!!
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

どうでもいい教義2

2017年06月22日 | 日記
日蓮さんは久遠元初の自受用報身如来といって末法の御本仏だと習った。
今は、こんなことは否定する人が多いようだ。
信者さんにとっては、そういうことはものすごく重要なことらしい。

「私は本当はお腹にいる時、医者から生きては生まれないと言われたんです。でも母が真剣に題目を上げたら無事に生まれたんです」
「辛い時は題目を上げると気持ちが前向きになりました」
と言って確信を持ったことと、日蓮さんが久遠元初の自受用報身如来かそうでないかの何が関係あるのか教えてほしい。
そんなもの、事実がどっちだって確信をもてば同じことを言うでしょう?
どっちでもお金を振り込むでしょう?

残る学会員は『信仰の核心部分』に対して変更が行われようとしてる事を認識し、御書の研鑽に邁進し、これらの核心部分に対する確固たる教学を打ち立ててほしいと願う
未だにこんなことを言いたがる人って、どこまでお人よしなのか。

認識すべきは、創価は『信仰の核心部分』など信じさせれば何だって金を振り込むと思っている、ただのビジネス団体だと気づくことでは?



( ̄ヘ ̄;)ウーン
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ネットにまつわるあれこれ5

2017年06月21日 | 日記
創価は(公明党は)変わってしまった。
先生のご意志を執行部が捻じ曲げて堕落してしまった。


こういう人たちに、ため息をついて繰り返す。

いや創価も池田も公明党も、昔から何も変わってないよ。
今までが都合のいいように、大嘘ついて教えてきただけ。
それが暴かれて正体が見えただけ。
変わったのではない。


これ一体、何回言い合ったかな?
だけど、いくらそう言っても相手は信じない。
あらゆるからくりを暴露しても信じない。
具体的に証拠を見せても、声をからして懇々と説明しても信じない。

創価に限らず、ネットに書かれていることも皆そうだ。
事実を語ることは誰でもできる。
こうなんだと書くことも誰にでもできる。
でもそれを信じさせるのは難しい。

人って事実でも受け入れがたいことは信じず、嘘でもとつびつきたいことはあっさり信じてしまう。
これはネットに来てわかったことの一つ。



o( ̄◇ ̄ゞラジャ
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

信者というもの2

2017年06月21日 | 日記
学会員は疑いはじめた。
創価がタブーとしてきた疑うことを。
でも疑いだしたら止まらない。
幹部は狂っている、選挙体制が異常だ、池田がおかしい、公明党がダメだ、いや執行部が堕落した、そうじゃなくて教義が間違っている、そもそも日蓮大聖人様の解釈がおかしい…
おかしいことはどんどんアピールしよう。
正しい信仰者として。
そんな自分は疑わないし、おかしくない。




( ̄人 ̄)♪
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加