世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

それほどのもんかい3

2017年04月29日 | 日記
創価のMCはなかなか抜けない。
アンチブログでそういう体験談ばかりをこれでもかと聞いてそう言われると、そうなのかと思う。
実際はあっさり抜けた人の方が圧倒的でも、その圧倒的は聞かず、バリ活の話ばかりを聞いていたらそんな気がしてくるかもしれない。

実際は刺激的な(という表現は適切かはわかりませんが)書き込みをするような元バリ活は、ロム者全体から見たらほんの数パーセントだ。
数パーセントを軽視するわけじゃ決してないが、もっと書かかれるべき声もある。

827万所帯。
その中で何年もがっちりMCされて、いわゆる創価脳になった人はごく一部だ。
創価は、圧倒的多数のそうならなかった人を封印して、バリ活ばかりを誇大に宣伝した。
それが全てであるかのように。
その中のごく一部をグランドに集合させ、歌ったり踊ったりさせればあたかも魔法を見るような統率力に驚く。

それほどのもんかい。
ここまで熱心にブログを書きながらも、いつもどこかにこんな声が聞こえる。
そんなカルトごときにやられる我々じゃない。
日本はそんなくだらない国じゃないぞってね。



~~-v(* ̄・ ̄)。。o
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログにない声 | トップ | 思考が動くとき »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (レモン)
2017-04-29 18:26:55
ロムだからこそ、冷静に見える部分も多いでしょうね。
私はバリ活だった故に、かなり視野が狭くなっていたと思います。
わき目もふらずまっしぐら・・・・で見えていたはずのものが、何も目に入っていませんでしたね。

「それほどのもんかい」っていうフレーズいいですね。
私は、最近好きになったフレーズの1つに「いちいちうるせぇな」があります。
昨年92歳の誕生日を迎えた作家の佐藤愛子さんが、今の世の中を一言で表すとの問いに「いちいちうるせぇな、これに尽きます」のコメントを読んですごく気にいっちゃいました(^^)/
92歳という年齢から出る、この言葉。
なんだかイイ!

サキコロさん
初めまして。
大滝詠一さん、山下達郎さんファンということで、つい反応しちゃいました。
「恋するカレン」は世代的にイントロを聞くだけでズキュンですね。
山下達郎は、今もライブに時々参加していますが、透明感のある声量と才能あふれる歌声、そしてトークは毒舌というギャップにやられちゃいます。
音楽は最高の癒しですね。

LIERさん
チェリーの動画で、声と挨拶の癖でLIERさんがわかってしまいました。
多分、あたりだと思います。
海さんもわかったのでは?('◇')
Unknown (海)
2017-04-29 19:15:43
レモンさん
「いちいちうるせぇな」爆笑です!!
いいなあ。
今度使わせていただきます。

チェリーの動画…私にはさっぱりわかりませ~ん!
わからなくていいです。
妄想して楽しみます(笑)
Unknown (LIAR)
2017-04-29 19:22:17
レモンさん、
フォロワーさんの誕生日記念のやつですよね。あれは私は音声だけの参加なので動画には入っておりませんですごめんなさいwww
Unknown (レモン)
2017-04-29 20:32:08
LIARさん
ありゃりゃ、そうでしたか。
「おめでとうござまーす」の感じと声がそっくりだったので、てっきり(;'∀')
失礼しました<m(__)m>

海さん
聖教歌壇といえば、私も活字好きが高じて、「声」の欄に投稿し何度か載った事がありました。
謝礼は、図書券(当時で2千円だったかな?)が後日届きました。
でも、これが投稿を読んだ幹部の目に留まってしまい、文芸部とは違うのですが、とあるGに入ることに。
そのグループのスローガンが「剣をペンに変えて、学会の正しさを伝えていこう」とかなんとか。
創価会員という事は伏せて、コウメイの実績をさりげなくアピールして、自分の体験を織り交ぜた文章にして、一般新聞やメディアに投稿するというのがミッションでした。
これも毎月ノルマがあり、報告もありました。
そんなグループが存在するのを知らない人も多くいると思いますが、創価は印象操作する為には何でもするという1つの馬鹿な体験話です。
Unknown (海)
2017-04-29 21:31:19
>これが投稿を読んだ幹部の目に留まってしまい、文芸部とは違うのですが、とあるGに入ることに。

それはとんでもない地雷を踏んでしまいましたね(;^_^

>創価会員という事は伏せて、コウメイの実績をさりげなくアピールして、自分の体験を織り交ぜた文章にして、一般新聞やメディアに投稿するというのがミッション

あきれてモノが言えないとはこのことです。
「剣をペンに変えて」なんてそんな甘いもんじゃない。
カルト団体が何をまあ偉そうにと、いや~脱力(´Д`)
長生きするよ、創価脳。
Unknown (サキコロ)
2017-04-29 21:45:52
レモンさん

はじめまして、宜しくお願いします。
私は今年はじめてタツローのコンサート行きました、サイコーでした!!
聴きたくもない民音のチケットを仕方なく購入して行く演奏の何十倍楽しかったことか。
支部に民音の枚数を割り当てて、無理に購入なんてさせるなよ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

海さん

これからも鋭いコメント期待してます。
創価シャッターをぶち壊せー!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事