世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

シンパブログを書いていたら?

2017年05月19日 | 日記
創価時代にもし、こんなふうにブログを書いていたらどうだったかな?と考えてみた。
「世界一楽しい創価シンパブログ」なんてね。
本日のスレッド「アンチ撲滅座談会」なんてね。

ボーボーに燃えた創価班とか、アンチ妻の反対に悩む壮年とかと楽しく励まし合って、決意して盛り上がったりしたのかな?
広宣流布のロマンとか語り合ってウルウルしていたのかな?
そんな暇なかったよね。
いや、その前になんか違う。

このブログも一応「罪滅ぼし」とか「わかってほしくて」とか真摯な気持ちはあるけれど、やっぱりどこかにそれほどのもんかいという気持ちがある。
昔夢見た、壮大なロマンどころか、チンケなこと書いてるしょうもないブログだなあと。
悪態もつくし、失敗もするし、でもそれが等身大なんだ。
100%正義なんて、そんなこっぱずかしいこと毎日書けませんよ。



ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大好き体験談3 | トップ | 「無宗教でない」という学会... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む