世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

芸術部の悲劇

2017年04月20日 | 日記
広告塔にされている芸術部と呼ばれる人たち。
学会員は自分が信じている時は、同志というだけでキャーキャー騒いで言応援する。
その人の功績や仕事まで、まるで自分の手柄のように自慢する。

でもアンチになったら、今度はその人の仕事まで否定する。
信仰は否定しても、仕事は関係ないのでは?
仕事に不満があるなら、創価時代も否定していればよかったのに。

人は「学会員」であれば学会員という色眼鏡一色でしかないのか?
ただの詐欺ビジネスに、芸術を左右する力なんかあるわけないのに。



((*゚▽゚人゚▽゚*)) イッショクタニスルナ♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由は愉し3 | トップ | 連帯感の落とし穴 »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (レモン)
2017-04-20 07:12:13
創価だからよく見えて、創価じゃなくなればその人の人格も仕事も否定するって、創価脳そのものかもしれませんね。
創価の人だからいい人、辞めたら人格否定までされる。というのと似てるかも。

私が住んでいるところは、芸術部の方が多いところだったのですが、芸術部に入れる基準はとても厳しいと聞きました。
それ1本で飯が食えるか食えないかも判断基準になっていたようで、そこそこTVに出ている青年部の子が地区内にいたのですが、芸術部の面談で入れなかったといっていました。
座談会やセミナーで「信心根本に頑張ります」と言っていたのが、今となってはせつない。
今も、その子がTVにでると創価か否かは関係なく応援してますけどね。


Unknown (海)
2017-04-20 07:59:33
>それ1本で飯が食えるか食えないかも判断基準になっていたようで、

そうなんですか?
広告塔として使えるかどうかってことかな。
私は一時期、白ゆり長が芸術部でした。
ある楽器のプロ演奏者で、やはり凡人ではありませんでした。
引っ越してお別れになりましたが、覚醒した時メールでそれだけ伝えました。
Mさん、今もずっと応援しています!
Unknown (レイラ)
2017-04-20 09:33:50
芸術部以外でも、スポーツ選手もそうでしたよね。広告塔になっていたのは某大リーグに行った選手。
あと、海外の某サッカー選手。

バリカツ時代は内部外部で好き嫌い判断していたけど、脱会してからこれがなくなり、魂が自由になったのが嬉しいです。
Unknown (海)
2017-04-20 10:21:04
ソーカとスポーツの結果をこじつけたい人は好きにしたらいいんじゃない?
ただのカルト商法に、なんでスポーツの勝敗やレコードセールスや芸風が関係あるのか?
多いに関係アリという目で見る人がいるから、広告塔なんてものが成り立つんでしょうけどね。
有名人ってことがいいなら殺人犯にもいますよ、学会員。
こじつけたら、アンチもシンパもキリがないでしょう。
Unknown (LIAR)
2017-04-20 20:23:56
中には自主製作アルバムを一枚作っただけで芸術部に入れた人もいます。それで飯食ってる訳じゃないのに。そんなんで入れんだね~デモテープと対して変わらないじゃん……って思ってましたが。
功徳だと言っていたけれど、基準がさっぱり解りませんwww創価はミステリーが多すぎ。
今更声かけられたって、あんなおぞましい組織には絶対に関わりたくないですね~www
Unknown (海)
2017-04-20 20:51:46
芸術部って特別なステイタスなの?
要するにタダで宣伝に使われるだけのにね。
金持ってたら金を取り、才能があったらそれを利用し、何もなかったら労働させる。
単純にそういうことだなあと今は思います。
Unknown (レモン)
2017-04-20 21:21:02
創価の事ですからあくまでも表向きに、飯が食べられるかどうかが基準にしているけれど、タレントや俳優、歌手部門などは基準はあってないようなもの・・・なのかもしれないですね。

私のいた支部の芸術部の人は、画家とか音楽プロデューサーの方で表には一切でていない人だったから、広告塔にはなりえないでしょうし。
ただ、彼等は未活でしたが、芸術部の会合だけは、チョイスして出ていましたね。
本人たちに「選ばれしもの」という選民意識を持たせるのに「芸術部」という肩書は役立っているのかもしれません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む