世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

そんなはずがない

2017年01月03日 | 日記
仕事で営業をやられてる方はわかると思うが、当然お客さんにはいい顔をする。
失礼のないように気を配る。
できる限り親身になり、ベストを尽くす。

創価で役職をもらったら、立場上頑張る。
我慢もするし、信用を失うようなことはすまいとする。
与えられた責任は全うしようと思う。

何か仕事や立場を与えられるって、どんなに些細なものでもそんなものだと思う。
だが、それがすべて本音か?と聞かれれば、当然そんなわけはないんだ。

だったら池田も同じだ。
会員はお客様だ。
とびきりの営業スマイルで、とびきりの美辞麗句を並べて、時には風格や威厳を見せ、芝居もし、演出もし、相手に特別な印象を与える。
それが完全無欠な本心であろうはずがない。
だけど会員はなぜか池田のいうことは塵一つ、曇り一つない本心と思っている(笑)



ヾ(^o^;オイオイ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後悔していること | トップ | そんなはずがない2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事