世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

騙していると言われても

2017年04月18日 | 日記
学会員は口では「いい新聞なの。読んでみて」と言いながら聖教紙を勧める。
でも本心で「この新聞がもう、おもしろくておもしろくてしょうがないから思わず勧めてしまった!」なんて人はいない。

どうしてもやらなきゃいけないノルマがあるから。
この戦いに勝利しようと決めたから。
そうしないと悩みを打破できないから。
福運がほしいから。
要するに自分のために、でもそんなことはおくびにも出さないで人を騙している。
折伏だって同じだ。
100%相手を思う慈悲なんて嘘。
裏では綿密に段取りが練られていたりする。
それを「騙してるじゃないか」と言われれば猛烈に反発するけど、自分だって騙していた。
これは結果、いいことだから騙すうちには入らないと本気で思っていた。 
自分のことになるとそんな正当化の上手いこと。

騙しているなんて…よかれと思ってやっているまでのことです。
そう言われてしまえば何と返せばいいのか?

MCが解ければしらじらしく見えすぎたことかもしれないけど、本当に信じていたらこれが嘘でも言い訳にもならない理不尽。
かつての自分のように。


( ̄~ ̄;) ウーン
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創価的な相対的幸福 | トップ | 削除した話 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (レイラ)
2017-04-18 16:05:53
創価時代嫌だった事

新聞推進です。

その時勤めていた会社の上司にものすごく失礼な事を言って
とらせました。

穴があったら入りたいです。
それでも一か月とってくれた上司に感謝です。
(今でも年賀状のやりとりしています)

あのバリ活だった時代
私の周りにいた人は私の事なんて思っていたんだろう・・・

「人間革命できるから!」って、
名簿片手にかたっぱしから選挙のお願いの電話をして。。あたたかく「どこも入れるところないし、レイラを信じてコウメイに入れるよ」と言ってくれた友人、知り合い・・・外部の方が優しい方ばかりでした。


宿命転換できるのは折伏しかない!と言われて
折伏してたんですよね。

自ら心の底から喜んでやった記憶はよく考えると無いです。

追伸:海さん4月5日の投稿文のお返事
おそくなりましがありがとうございました。

>本当に愛する人を失った人が「見守られているのがわかる」というからです。

非常に心が救われました。感謝いたします。
Unknown (海)
2017-04-18 16:21:37
私のまわりの人で、本当に愛する人を亡くした人が必ずそう言っています。
私はまだそんな経験がないんですが、そうなんだろうなと思いますよ。
愛する人とはずっと見守り、見守られたいですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む