世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

自分を疑ったことがある

2017年06月30日 | 日記
御本尊様は絶対。
大聖人様は間違いない。
池田先生は偉大。

ではなくて、
御本尊様は絶対と思う、自分が絶対。
大聖人様は間違いないと信じる、自分が間違いない。
池田先生は偉大とわかる、自分が偉大。

ではないのか?

逆にいえばアンチは、曼荼羅や教えや池田を疑ったというより、そんなものを絶対と信じていた自分を疑った。
だから自分に自信満々なわけじゃないし、また何かに騙されるかもしれないとも思っている。
ただ、自分が絶対と思っている人よりは騙されなくて、この方が信用できるんじゃないかなと思う。



(*゚.゚)ゞポリポリ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信じれば同じこと | トップ | ネットにまつわるあれこれ6 »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (joshua tree)
2017-06-30 20:41:17
そう言われてみれば、その通りかもしれませんね。
「洗脳解けたら全部ゴミ」でしたっけ?
言葉は悪いですが、創価脳にやられている者はゴミの山を楽園だと信じるハエみたいなもんです。
普通の人間の感覚に戻ればまさに、「洗脳解けたら全部ゴミ」です。
ハエにとっては、ゴミの山を楽園だと信じるならば、それはそれで幸せかもしれませんが。
Unknown (海)
2017-06-30 20:57:25
ゴミですわ。
三色旗の印刷されたクリアファイルとか、六段円塔柄のしおりとか、池田の癖字が印刷された袱紗とか、使いまわしもできなかった。
無駄なデザインは無駄なゴミになります。
景品はどうか無印にしてほしい。
Unknown (LIAR)
2017-06-30 21:09:29
今日は最強クラスのカルト撲滅ソングを選んでしまった。
「旅立つ日」
人の生き死にに口出しすんなという想いを込めて。
009さんコラボバージョンも聴きたくなりましたw早く無事に帰ってきてねm(__)m
Unknown (海)
2017-06-30 21:36:52
「像の背中」の映画は二回は見ているのに音楽は覚えていませんでした。
あれは、やはり岸部一徳さんがすごくいい芝居してるんですよね。
工場で彼が電話とる顔が好きです、私。
岸部一徳マニア(笑)
レモンさん観たかな?
Unknown (レモン)
2017-06-30 22:22:38
岸辺一徳マニアって( *´艸`)
「象の背中」は見ていないので、歌も知らないんですよね。
岸辺さん出演映画だと、昨年公開された藤山直美さん主演の「団地」は見ました。
藤山さんと夫婦役でしたが、最高にいい味だしてました~

喜劇女優の藤山直美さんもメチャクチャ面白いですよね。
彼女が15年ぐらい前に主演した映画「顔」で彼女の演技力に圧倒され、それ以来彼女が出るTVや映画はチェックしてます。
今、乳がんの闘病されているようですが、復帰を心待ちにしています。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事