世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

本当のメンタル

2017年03月21日 | 日記
>仏界の境涯は、しばしば師子王に譬えられます。どのような状況下でも師子王のように恐れることのない、安穏の境涯であるといえます。

なら池田センセーも、証人喚問には恐れないで出てきてほしかったなあ。
あの頃、池田はまだ元気だった。(今もお元気だそうだけれど(笑))

どんな状況下でも師子王のように恐れない…そんな人、創価にはいなかったんじゃないかと思う。
皆、ささいなことで青くなって仏壇の前に座ってた。
どんだけ肝っ玉小さいんだって。
でなかったら、毎日朝晩も座れないよね。
罰に脅え、謗法に脅え、恋人に学会宣言もできない。
そんな人たちはいい加減、師子王とか安穏ではないことくらいは自覚してほしい。



(´Д`|||) ドヨーン
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創価の仲良し | トップ | 笑う門には春来たる »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む