世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

バリ活の秘密

2016年12月28日 | 日記
創価のいわゆる役職を背負った活動家の多くは、後に本心を聞くと、活動なんか大嫌いだったと告白する。(そのくらい忙殺されていた)
忙しく人の面倒をみている暇があったら、家族とゆっくり過ごしたり珈琲を飲んでいたかった。
自分を犠牲にしてあなたに尽くしたのは立場上のこと。
好きでやっていたわけじゃない。

じゃあなぜ家族とゆっくり過ごして珈琲を飲むくらいの時間を犠牲にしても、創価の活動に走り回ったのか?
ふつうに考えると
「それと引き換えにすると、もっとスゴイ何かが手に入る」
「そこまでするだけの魅力があり、価値があり、意味がある」

ということになる。

改めて問いたいが、好きな時間に家族と過ごし、珈琲を楽しむくらいの幸せを捨ててでも手にしたいものって何なんだ?

これに明確に答えられない現活動家がいるなら、なぜ今だ創価にいるのか?改めて訊きたい。



~~■Pヽ( ̄▽ ̄*) コーヒードウゾ♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よその話 | トップ | 創価脳でも大恋愛 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (レモン)
2016-12-28 22:49:51
>~~■Pヽ( ̄▽ ̄*) コーヒードウゾ♪

~~旦_(‥ )こりゃどうも

組織から離れてみると、あれほどの自己犠牲を払いながら、何故活動し続けていたのか?
悪夢でも見ていた気がしますよ。


Unknown (joshua tree)
2016-12-29 00:07:05
広宣流布や世界平和というダミーの目的の裏に、家族や身内の幸福、経済的安定、子供の学業成就、などがあるのでしょう。
学会活動によりダミーの目的はおろか、上記の全ての目的を台無しにしてしまうとは、なんとも皮肉なものですね。
!?(・_・;?
お客さん会員 (雨蛙)
2016-12-29 01:18:22
私は学会に入信してから、数年間は会合に出たり同時中継に行ったりしていましたが、その後働く様になってから、そちらの方が忙しく学会活動からは遠ざかりました。

なので、いつもしてもらう立場の、役職も無いし活動もしていない、いわゆるお客さん会員ですから、このテーマで語れる事は無いのですが、皆さん初めは純真に仏道修行と思っていらっしゃったのに、だんだんとあまりの忙しさ、非人情さに心が磨耗して行かれたのでは無いかと考えるのです。

初めは貴方の為に…だったのが、だんだんと、こんなしんどい事、見返りが無かったらやれるものか…になり、その見返りと云うのが、あるかどうかも分からない「功徳」なのかなと。

役職じゃ無ければ誰がするか…って云うのも本心なのでしょうが、あの日笑い掛けてくれたのも嘘じゃ無かったと思いたい…。

う~ん、まだまだお花畑脳から抜けきれないのかも…。
Unknown (海)
2016-12-29 05:52:42
>家族や身内の幸福、経済的安定、子供の学業成就、

これを願って活動してるんだけど、そのために家族とゆっくり過ごせない。
どっかの笑い話ですよね。
そんなの学会員じゃなくても願っている。だから一生懸命仕事して家族と過ごす。それでいいじゃない?
こんなシンプルなことがなぜできなかったのか不思議です。
「変な夢でも見ていた」
ホントそれ以上、答えはないんじゃないかと思います。

雨蛙様
>役職じゃ無ければ誰がするか…って云うのも本心なのでしょうが、あの日笑い掛けてくれたのも嘘じゃ無かったと思いたい…。

役職者だけじゃありません。
末端だって質問したかったことを言えなかった、と言っています。
それを見て役職者は「ああ、スッキリ納得してくれてるんだわ」と思っていたでしょう。
皆こんなふうに本心を隠して、嘘をつき合ってたんでしょうね。
トップから末端まで、全員が偽善で懸命にいい人を演じていた気持ち悪い団体。
離れてみるとそれがわかります。
無意識でも、懸命に何かを打消して「信じよう、思い込もう」としていた。
「我を捨てなさい、我は醜い」こんな声に支配されていた。

信じようとする気持ちはある意味美しいともいえますが、「嘘じゃ無かったと思いたい…」
これが強すぎると3人組みたいになるんでしょうね。
角度を変えると (雨蛙)
2016-12-29 08:11:58
見方を変えると、熱心な活動家さんからしたら、雨蛙は納得した降りをして騙したのね…って事になるんですね(笑)

いや、雨蛙は怖かったんですよ。別に罰とか功徳が無くなるとかじゃ無くて、今まで優しかった人に、質問した事で、咎められるのが。

コメント書いていて分かりました。それって異常ですね。咎められた時点でおかしいって気が付けよ、雨蛙!(笑)
Unknown (海)
2016-12-29 08:29:45
幹部って質問されると豹変しますよね(笑)
やさしいのはイエスマン相手だから。
ほとんどの幹部はこれで人が変わりました。人間関係も変わりました。
「創価の話をして離れていくのは所詮、その程度の人」
というなら
「質問して離れていくようなあなたもその程度の人」ってことですね。
Unknown (雑草)
2016-12-30 05:59:15
こんにちは。
外部の雑草です。

ここででてくるのが、罰論なんでしょうね。

>「それと引き換えにすると、もっとスゴイ何かが手に入る」
といわれても当然、
>改めて問いたいが、好きな時間に家族と過ごし、珈琲を楽しむくらいの幸せを捨ててでも手にしたいものって何なんだ?
こういう意見がでてくる。

今よりよくなるよ、と言われても、そんなんたいしていらんよということですね。
つまり功徳だとかエサをちらつかせても、満足してしまっている相手は動かせないと。
そこで「罰論」なんですね。
いうことを聞かないとわるいことがおこると。
現状より悪くなるぞと。

まあ、陳腐な話ではあります。
アメとムチとか、恐怖でしばるとか・・・。
そりゃ聞き飽きたわってくらいありふれたもんですよね。

だけど実際にそういうとこに身をおくと、わかりませんでした。
当事者だと、なぜか気づかない。
上っ面の言葉に騙されてしまうんですね。
相手の「裏」、本心というのが、なんとしても見えませんでした。
Unknown (海)
2016-12-30 06:53:26
雑草様
アメとムチの陳腐な話。
ホントそうです。
これを、ちらつかせるんじゃなくて「徹底して言い切る」のがポイントです。
そのために信じ込ませたあれこれの演出がもう半端じゃない。
陳腐なことでも、ここまでやると騙されるんでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事