世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

外国特派員協会記者会見

2016年12月12日 | 日記
創価の三代会長は正しかったが、現在の執行部がそれをなし崩しにした。
師弟不二のはずが、我見を通し、教えを捻じ曲げてしまったという。
本来の創価の教えはそうじゃない。
それが気に入らないから取り戻したいという。


本来の教えって何だろう?
一体どこが崩れて、どこを捻じ曲げたの?
池田は昔からゴーストライターを使っていたし、勤行もしてなかったし、ピアノも弾けなかったし、写真もできなかったし、対談もごまかしていた。
イラク戦争にも乗った。
晩年になっても全くぶれず変わらず、合成写真を使い、屍になっても「お元気です」
一貫して伝統のエセっぷりをきっちり配信しているのに?



ε~( ̄、 ̄;)ゞフー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創価が生き延びる方法教えます | トップ | 創価は変わった »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
動画見ました (LIAR)
2016-12-12 19:20:34
こんな事を言いたくないけど、もう、話し方からして創価脳全開でしょ。こんな人何人も見てきたし。見ていて痛々しいし、ため息出ちゃいましたわ。
Unknown (joshua tree)
2016-12-12 19:48:26
確か戸田さんは、日蓮正宗に背くようなことがあれば、創価学会は解散するとか、会員から金を集めるような行為はしないというような意味のことを、会合で述べていたはずです。
「仏法は師弟不二」とか、さんざん言っていた池田が、あらゆる屁理屈をこね挙げて師匠を裏切っていますね。
その池田を師匠と崇め、首脳部と闘う三人組は全く意味不明です。
広宣流布の世の中になり、こうした世間の常識が一切通用しないイカれた人間が人口の1/3もいたら、世の中終わりです。
十数年前まで、本気で「広宣流布」とやらを夢見ていた自分が情け無いです。
Unknown (海)
2016-12-12 19:54:20
この人たちを見てると言いたいことが錯綜して、一日クタクタになるまで考えて、書いては消し書いては消しして、でもそのうちにどうでもよくなりましたわo(´^`)o
ホントそのくらい彼らには理解不能。
考えても考えても、わからない。
どうしたらこんな思考回路になるのか??

結論が最終的に上記の記事です。
これ以上は書けません…
Unknown (LIAR)
2016-12-12 23:44:19
もうさ、三人組も創価学会も、師匠を見習って全員が活動をやめたらいいのにね。

書いたこと半分以上消してしまったwww私も言葉が出ません。「皆さんこんにちはー!」でサブイボが出たことだけは書いときますwww

いずれにせよ、創価学会なんてこの世に必要ないんだから、さっさとずらかったもん勝ちでしょ。
Unknown (レモン)
2016-12-13 19:59:11
YouTubeで見ました。
彼等の目を見た時に、MCの深さを感じると共に痛々しさを感じました。
信じるものを間違えてしまうと、人生は大きく変わってしまう。
この先、彼等がどこかの時点で気が付くのか、気がつかないのかはわからないけれど、その時に彼等は正気でいられるのか。
廃人になってしまうのではないか。
色々な思いで複雑な思いでした。

アリーナ最高でしたよ。
あるロックミュージシャンの30年来の大ファン。
今年のアリーナツアーには4度ほど足を運んで踊りまくってきました。
バリ活亭主が、活動で疲弊しまくっているのを横目に、覚醒妻は楽しんでます。
Unknown (海)
2016-12-13 21:21:33
あの記者会見は、創価の洗脳を外部に理解してもらうのにいいかもしれないですね。
我々が口酸っぱく言っている「創価脳」とはどういうものか。百聞より一見でしょうね。

このサイト、ロック好きが集まるのかなあ(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事