世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

負けん気が作り出した教え

2017年05月05日 | 日記
学会員は羊のような会員を前には温厚だが、反論や、答えれない質問をされるとムラムラと負けん気が出る。
ひねり出してでも創価に都合のいいアンサーを返したいというメンツが頭をもたげるようだ。

Q:「あの…創価を離れると罰が当たると聞きますが、それは本当なんですか?」

A:「これね、アンチによく言うけど違いますよ。
学会から離れると、宿業転換(含・転重軽受)する術が全くなくなり、他人に対する思い遣りや素直な気持ちも醸成出来なくなる。
そして宿業が出た時にそれを制御すべき方法が無いので、結局宿業出まくりの人生となる。
それを横目で見ると『罰』が当たったと言う表現となるんです」


へえ、創価から離れると、他人に対する思いやりや素直な気持ちがなくなるんだ。
素直で思いやりあふれる学会員とちがって。
そんな人は(つまり地球上の創価学会員以外は)、不運が起こっても対処できず、愚痴や不満ばかりが出て、結局不幸な人生になるんだ。
あたかも罰があたっているように見えるくらいに!

すごい理屈だな。
こういう負けん気がつい作り出してしまった理屈(言わない方がよかった理屈)が、創価には山ほどある。

教義はコロコロ、会則もコロコロ変わり、言ってることも俺様教がミックスされ、何がなんだかわからないけど純粋な仏教?に興味がある方は入会されてみては?
あなたがメンツで語る教えも受け入れられる、フレシキブルな面は確かにあり(笑)



(* ̄σー ̄)ゞヘヘ♪ドンナモンダイ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教えはここにあり? | トップ | 曖昧が好きな人たち2 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (海)
2017-05-05 19:04:07
学会員って、創価にいるかいないかで天と地ほど人が変わるようにいうけど、やってみたらわかりますよ。
自分は自分。
自分がバリ活からアンチになったからって、自分の性格や癖や記憶や趣味や嗜好やこだわりや、大切な人やものが変わりますか?
変わるわけないでしょう!

今の自分に思いやりがあると思うなら、創価をやめたってその思いやりがなくなるわけがない。
一言でいうとビビりすぎです。
マジメすぎるというか、気が小さすぎる。
何でもやってみてから語るべきだ。

小学校卒業の時の寄せ書きに、私は好きだった先生からこういう一言をもらいました。
「あなたの行動力は目を見はるものがあります。でも考えてから行動することも大切だと思います。頑張ってくだされ!」
何十年たっても人ってそう変わらないのかもしれません。
まずやってみる人が、私はやはり好きですね。
Unknown (サキコロ)
2017-05-05 19:39:22
> まずやってみる

特に1世の人は創価に入るとき、
「まずやってみようよ、それで判断すればいいじゃん」と
周りから背中を押されて入会する人も多いんじゃないかな。
でも、ダメなら止める、の背中を押してくれる人が周りにいない。
気が小さいくて言い出せないんじゃないかな。
私は海さんのブログやシニフィエさんのブログを読んで、現在頭の中を整理している最中です。
感謝感謝ですよ!(^^)!
Unknown (海)
2017-05-05 20:00:56
私の勝手なイメージでは、壮年の支部長みたいな人がいちばん頭ガチガチ!あるいはウジウジ(失礼)みたいなイメージがあったんですよね。
男の人って、感情より体裁とか体面も気にするし。
だからサキコロさんのような方が、先陣切って行動して、かつ発言してくれるのは頼もしいと思います。
頑張ってくだされ!(^^)!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事