世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

創価のセンス

2017年03月06日 | 日記
池田は灰色だった創価に文化を入れて、明るい創価を作ったという。
軍歌と唱歌。
鼓笛隊に音楽隊。
マスゲームと組体操。
エンジ色と空色のブレザー。
パステルカラーのスーツとピンクのチーク……

本当に着たい服。
本当にうたいたい歌。
果たして皆、本当にそうだったのだろうか?
個人的には、鼓笛隊という言葉がダサいと思う。
マーチング・バンドと言いたかった(笑)(そこかい!)



(>▽<;; アセアセ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポンコツでも信ありき | トップ | 信用できるアンチ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事