世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

大好き体験談3

2017年05月19日 | 日記
学会員は体験談が大好きだ。
御書講義や幹部指導の時は寝ていても、体験談の時だけ起きている。
拍手の音も断然大きかった。
何で人気あったんだろう?体験談。

人間革命の中にも確か、こんなようなことが書いてあった。
体験談こそが大事である。
教学部が理路整然とまとめた理屈よりも、無名の婦人の体験談が人を引き付ける。
そこに嘘はないから、人の心を掴むのだと。


ネットのアンチ記事って、今やほとんどが体験談だ。
きっと眠くならずに、最後まで楽しく読めると思うよ。



ミナサンコンバンワー!!(^○^)/
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これしかないなんて | トップ | シンパブログを書いていたら? »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに! (009)
2017-05-19 21:55:54
学会の体験談は
幹部が鉛筆ナメナメしているけど
ネットのどこの誰かも知らない方のテキストに
グイグイ引き込まれる事がありますね

本気で“伝えたい”と言う気持ちに触れて
いい大人がパソコンやスマホ見ながら
号泣してしまうんだから
ネットってスゴいなとつくづく思います。

いやー・・
実際にLIARさんの「ありがとう」は
LIARさんが親を思う気持ちが伝わって来たのと
自分の感情も重なってしまって
泣けて泣けて仕方がなかったんですよ

ねえねえ
こんなのって有り得ますか?
創価脳には分からないだろうなぁ~

今まで経験した事がない
とても素敵な号泣でしたよ

はい
私のプチ体験談です(笑)


LIARさん
歯痒いと思いますが
応援してますよ!
お母さん
ご無事で何よりです。
Unknown (海)
2017-05-19 23:15:08
009さん
「今まで経験した事がないとても素敵な号泣」
この言葉、すばらしい!
Unknown (レモン)
2017-05-20 07:46:08
30年前入会した当初に参加した地区座談会。
ある婦人部が子供がカツアゲされていると泣いていた。
ある壮年部は、仕事で虐め(今でいうパワハラ)にあっていると話していた。
これ、外部で育った私には衝撃でした。
あの時の光景が今も目に焼き付いています。
何が衝撃って「なぜ、そんな事(赤の他人に話すような事ではない)をこんな大勢の他人に話するんだろう??」と。

いわば身内の恥のような部分を「学会家族」などという言葉にごまかされて、他人を信用して全部さらけだして、何もかも話すようになる。

体験談っていえば聞こえがいいけど、他人の不幸話がほとんどですよね。
それは、不幸であればあるほどウケがよく「それ支部会でもやって、セミナーでもやって、活動者会でも」と使いまわしになっていく。

そんな不気味な団体にすっかり染まって、自分も不気味な人になっていたわけですが、最初に感じた衝撃と違和感を大切にすればよかった。
外部からみたら、相当気色悪い人達の集まりなんだって事なんですよね。

LIARさん
お母さま大変でしたね。
これを機に配達を下りられることを祈ってます(おてんとうさまに(*'▽'))

私が週6日の正配達時代、配達中ではなかったのですがコケて1か月ぐらい松葉づえ生活になったことがありました。
そのケガをした当日、週1の代配さんからこんなメールが届きました。
「地区婦人部長が足をケガして配達しばらく厳しいみたい。私が配達を代わりにしなくちゃいけなくなりそう。嫌だな、困るよ」

その方、ご主人に送るメールを私に間違えて送信してしまったのです。
直後に、「すみません、送信間違えました。足のケガ大丈夫ですか?」と慌てたメールがきましたが、結局、組織の人にとって1番心配なのは自分が代わりに配達になるかも!という事だけなんですよね。

私のところは、正配達は地区婦と正配達がセットになっていたので、年配の人が配るということはなかったのですが、今はもうそんなこと言ってられないようで、60,70にも声をかけているようで本当に心配ですね。
嗚呼 創価残酷物語。
Unknown (海)
2017-05-20 08:14:40
>体験談っていえば聞こえがいいけど、他人の不幸話がほとんどですよね。

これすごく思います。
不幸話、するのも聞くのも大好きですよね。

忙しい学会員さん。メールの送信間違い、けっこう多いですよね。
そう思うならちゃんと本人に言えばいいのに。
言えないことなら他人にも言わないことです。

あ、そういえば今朝コメント見たらちゃんと私本人に「死ね!」というコメントが届いていました(笑)
偽善よりいいと思いますが、こういうのも創価仕込みだなあ。早く抜けるとよいですね。
Unknown (レモン)
2017-05-20 10:48:52
池田大仏も、仏敵と決めつけた人達の死を望む唱題を推奨してましたよね。
その弟子達ですから、そんなコメント送ってきても不思議ではないのかも。
何とも幼稚すぎ。

前スレで工作員って言葉がでてましたが、工作員で思い浮かぶのは映画「シュリ」です。
15年ぐらい前の韓国映画ですが、北朝鮮と韓国の工作員同士の悲恋でした。
何とも切ない映画でしたが、ネット上でも工作員って言葉を使うのは知りませんでしたね。
絶対音感なる言葉は、古畑任三郎のドラマで知りました。
熱帯魚のヒーター音と雨音が合わないという絶対音感の持ち主が犯人だったストーリー。
と、またまたどうでもいい話を失礼しました。
Unknown (海)
2017-05-20 11:27:04
レモンさん、どうでもいい話じゃないですよ。
言い方を変えれば、どうでもいい話こそ私は好きです。

「シュリ」観てますよ。
映画とか漫画の話になると止まらなくなりそうだけど、そういうブログじゃないしなあと歯がゆいです。
むしろレモンさん、そういうの立ち上げてよ!私行きますって感じです(笑)
ソーカブログなんて本当につまらない。
でもつまらない世界だからこそ、敢えて書いたるわ!って感じですかね。
Unknown (LIAR)
2017-05-20 21:18:37
海さん、
009さん、
レモンさん、
ありがとうございます(°∀°)♪
明日、母の見舞いに行ってきます。
まったく! (009)
2017-05-20 23:05:50
呆れるほど
海さんの返しコメントは
面白いです(笑)

そぉ~くるかぁ~と
ランチしながら
ニヤニヤしちゃいましたよ
でも誉められるって
この歳になっても嬉しいものです(笑)


ほ~ほ~・・・
死ね!と来ましたか~
それは勲章ですね!

レモンさん
うちも去年からカクレミノと
青い魚と赤いエビちゃんが2匹ずついますよ~
水槽を贅沢に使ってもらってます
覚醒した頃のママに揃えたつもりが
私もハマってしまいました(笑)
Unknown (海)
2017-05-21 06:42:32
009さん
死んでほしいと思っている人のブログを見るって、面白いなあ?
これネットに来ていまだに不思議でしょうがないんですよ。
そんなこと書いたらアクセスも異常に跳ね上がって、何じゃこりゃ?って感じです。
一体何が読みたいのか?
「死ね!」というコメントが読みたいのか??
不思議でしょうがなくて、ソーカ脳と同じくらいわけわからない。

LIARさん
「この事故には意味がある!」って 組織の人に言いましょうよ。大好きですからね。
無事故でと言いながら、事故に遭うと軽重軽受という。
目を覚ませ!と言いたい。
お母さまとは、そんな話より笑える話がよいと思いますけどね。
Unknown (レモン)
2017-05-21 08:42:16
創価の場合の体験談は、話したくて話しているというよりも、それを嗅ぎつけたダレかが「あの事を話したら?体験談になるじゃない」というのが多かったですよね。

本当ならば、そっとしておいてほしい。
触れてほしくない。
そんな部分に土足でズカズカと入ってきて話すよう促されてしまう。
自ら聞いてほしい思って話すのと、他人から促されえて話すのでは、傷の癒え方が全然違うでしょう。

今も忘れられないのは、ある婦人部の体験談。
未成年のお子様を自死で亡くされた方の体験談でしたが、彼女は本当にその話を見知らぬ他人の前でしたかったのだろうか?と、今も思い出すだけで胸が締め付けられます。


009さん
エビ仲間ですね(*'▽')
奥様が、お孫さんやエビのお世話で元気になられているようで良かったです!!(^^)!
Unknown (009)
2017-05-21 11:32:21
荒れるとアクセスが跳ね上がるって
以前、対話の方でもありましたね

原因は
先日話題になっていたサイトですか?
煮ちゃん?宿坊?etcetc
まったく興味がなくて
シンパなのか宗門系なのかも知りません(笑)

ここを見ていて
言いたい事があるなら
ちゃんと言葉にすれば?って思いますけど


レモンさん
何ですかその話、マジですか?
どんな内容に添削したら
体験談になるんですか?
来世に使命があってとか??
本気で頭がどうかしていますよ!


すいません。
お魚の名前
カクレミノ→カクレクマノミでした。
いわゆるニモちゃんです(笑)
指先にエサ着けてあげると
チョンチョンって食べに来るんです
エビちゃんは
バク転しながら餌をキャッチするんですよ
みんな癒されてます(笑)

うちのママは
仕事(通販サイト)にもハマって楽しんでます
こっちは在庫を抱えるリスクに
ヒヤヒヤもんなんですが
仕事はトータルで考えないと
成り立たないですからね~

創価脳の皆さん
会合だの選挙だの新聞だのって
一生やっても何も残りませんよ!
もっと人生楽しんで欲しいと思います。
Unknown (海)
2017-05-21 16:18:41
レモンさん009さん

創価の体験談はよいことじゃなくてもいいんですね。
壮絶で刺激的な話を覗く=体験談。
これに「これからも負けず、これからも頑張っていきます」を付け加えれば体験談。
まあネットも同じなんでしょうね。
人の、ちょっと刺激的な私生活を覗きたい。
まあ実際その程度ブログですけど、同時にそれほどたいしたことは書いてないつもりですけどね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む