世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

言葉と生きていく?2

2017年04月21日 | 日記
「人間革命」は大嘘ばかり書いてあった。
嘘じゃないかと言ったら、小説なんだから事実である必要はないと言われた。
聖教新聞も嘘ばかり載っているけど、あ、これも新聞じゃなかった!
新聞じゃないんだから、事実を正確に報道する必要はないんだ。
小説「人間革命」と同じように、こうだったらいいなあなんてフィクションを、多大な広告の隙間に、信者が喜ぶようにドラマチックに述べてりゃいい。
一面からフィクション小説。
それが「聖教新聞」という名の会報誌。
月額1934円也。
高っ(;゚∇゚)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当のオカルト | トップ | 信じれば事実になる »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (LIAR)
2017-04-22 01:07:17
カラオケアプリの年会費より高いなんてやっぱり詐欺だwww
あんな苦痛にしかならないもん読んでるより、好きな歌歌ってるほうが遥かにましやわ~(´Д`)♪
Unknown (海)
2017-04-22 07:38:12
単価がお手軽の気がして、なんとなく出していた。
一人が百円出したら、どんな金額になるか?
品物が壺や水晶じゃないと怪しさや贅沢感は消えた。うまいものです。
会員が漠然とした「福運」を信じてる間に、確かな現金が積まれていったんですよね。
福運で土地や建物は買えない。金で買っているのに「創価って福運ついたわよねえ」と呑気に見ていました。
こんな調子だから、何言われても騙される頭の準備はできているんですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む