世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

これしかないなんて

2017年05月19日 | 日記
どんな詐欺まがいのことを言っていようが、それを信じている人には力になる。
これは何回か書いた。
実際、創価は何も変わってないが、信じていた時は力になった。
力というのは「心の支え」というべきか。
これで本当に願いが叶うという力なんてなくても、「本当に願いが叶った」と思わせる力。
絶望的な人に希望を与えて、元気にさせること自体はわるいことじゃない。
この一点に関して私は反論のしようがない。

創価は(どんな新興宗教もそうだけれど)信者に対してこれを与えている。
どんなえげつない方法であれ、子ども騙しのトリックであれ、信じる者は「ありがとう」という。

学会員がこの、ありがとうを言わせるものを提供できるのが創価しかないと信じる一点に、私は猛然と反発したい。
一言で言って、世間知らずとしか言えない。
これしかないなんて思わせるものにロクなものはない。
そんなことを言う奴は必ず金や権力を欲しがっている。

どんな不運な人生を送ってきて、どんな人間不信の巣窟なのかは知らないけれど、人に希望を与えるものなんて際限なくあるよ。
それが見えないなら、今だ不運であり、人間不信のままであり、創価の教えにはそんな人を変える力がないってことだと思う。



ミ★(*^▽゚)v Thanks!!★彡
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイコパスの騙し方 | トップ | 大好き体験談3 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (LIAR)
2017-05-19 10:20:15
母の日に仕事で実家に戻れなかったので、「ありがとう」という歌を母のスマホにプレゼントしました。009さんが号泣してくれたアレですw
以前全力で録った曲なんですけど、母はとても喜んでくれました。また聞かせてねと返事がきました。
本当は全盛時の頃の歌を聞いて貰いたかったけど、今のお前にバッチリ合った曲だねぇと。あの頃は自分が何をしているのかさえ知らなかった母なのに、ちゃんと、というかずっと見てたんだなぁと思いました。

そんな母が先日、交通事故に遭いました。
国道で気付かぬトラックに幅寄せされて事故ったそうです。
幸い軽い怪我で済んだそうですが、通院で済んだと喜ぶ母に、かける言葉を無くしました。

「これしかない」のなら……聖教の配達すら守ってくれないんですかね、御本尊とやらは。本当にふざけるなよ。そんで組織は今後の配達員の心配だ。治ったらまたお願いするつもりか。どの面下げて……本当に殴ってやりたいです。

まあこれで配達も、その流れで完全に辞めて貰いたいなと思います。
Unknown (海)
2017-05-19 11:48:47
大事に至らなくてよかったですね。
これを機に新聞配達が辞められればよいと思います!

母の日に歌を贈るなんて、私もそんな息子が欲しい(笑)
そういえば、夫が昔(結婚前ですよ)、自分で作ったといういう歌をプレゼントしてくれましたが、実際は元カノに作った歌だったような…ヘ( ̄▽ ̄*)ノ
私はそういうところは心が広いので、使いまわしでもいいんじゃない?と喜びましたよ。
歌が歌えるとか曲を作れるとか、そういう人いいですよね。
世の中金じゃありませんよ、学会員さん!
ある中心会館 談話室にて (星)
2017-05-19 11:56:05
副会長「もう、これしかない。お題目しかないと、
命の底から腹を決めないと乗り越えられないよ」

星「はい」

副会長「所詮、福運がないんだから」

星「はい」

副会長「じゃ!次の予定があるから」

星「お忙しい中、ありがとうございました」

星は帰りの電車の車窓から、ビルの谷間や、広告のサインボードを見ながら
考えた。

(福運がなければ、付ければいい。でももう40年以上の信心。
それでも福運がない?それとも宿命転換の時?)

(あの副会長は、確か大学卒業後直ぐ職員のはず)
実社会で生きる人々の苦脳の思いが分かるんだろうか)

(結局、今日は「これしかない」との,これありきの結論の確認だったのか・・・・・)

学会人は、苦悩に直面した時、打開策を求めて、信心しかないと必死に祈る。
確信が得られぬ時は、指導を受けたり、書籍、御書を読み、自らを鼓舞する。
悩めば悩むほど、「これしかない」と自分の信力行力をさらに追い込む。
出た結果がいかようであっても、これが最適だったのだと思いこむ。

高等部時代、教わったゲーテの格言が好きです。

「汝自身の運命の星は、汝自身の胸中にある」
Unknown (海)
2017-05-19 12:26:20
>「汝自身の運命の星は、汝自身の胸中にある」

星さん、迂闊に言うと池田にパクられそうな言葉ですね。
「それを胸中の妙法というのだよ。ゲーテくん、さすが一流だね」とか。
ソーカの手法なんてだいたいこんなもんです。
Unknown (星)
2017-05-19 12:56:44
海さん、さすがです。

実は、高等部、学生部時代とうして

「ゲーテの言う胸中とは、我が己心の妙法です!」と

見たこともない、未確認物を当てはめていました。

創価村からはなれて、目を開けば、世界には、卓越した箴言、名言が。

いつも目覚めさせられます。
Unknown (海)
2017-05-19 16:43:03
私は創価本はたいして読みませんでしたが、MCが解けてからも、他の啓蒙本や哲学書など全く読みませんでした。
なんだか知識を入れるのが嫌になって、一回頭をカラッポにしたくなりました。
羅針盤、羅針盤と言われたけど、そんなに気合入れなくても感覚を大事にしよう。
何か聞いたら、ピンとくるかこないくらいでいいや、という感じですかね。
生き方というような本より、ふつうの社会的なニュースをちゃんと読むようにしました。
よほど役に立ったような。

創価時代って何を勉強してたんだっけ?
本当に今、何も思い出せないんです。
宿命とか妙法とか勉強した気がするけど、結局それって、題目上げて学会活動するためのエンジンみたいもので、それをやめたら何の役にも立たない。
人はどうでもいいことは忘れていくというけど、私はそれが特に激しいみたいで、実は肝心の教えをほとんど覚えていません。
これでよく書いてるよね(笑)
Unknown (サキコロ)
2017-05-19 18:36:29
スレの内容と違うけど勘弁して下さい。
今日は家庭の事情で仕事を休みました。
午前中は暇だったので、創価本を処分しました。
ブックオフに持っていこうか迷ったけど、思い切って資源回収の業者のところに捨てに行きました。
一歩ずつ一歩ずつ進めています。
あとはカラーコピーだろうけど一応特装本尊と仏壇仏具だけです。
仏壇は今は亡き父母が私が家を新築した時(もう約30年前ですが)買ってくれたものなので処分はどうしようか迷ってます。
最終的には残して不父母の位牌を安置するのでもいいかと思ってます。
もう少し気持ちの整理が付けば、本尊は地元の会館へ退会届といっしょに返すつもりです。
今考えれば、数年前まで今のような状態になるなんて、想像したことも無かったです。
いろんなことを考えたここ1年ですが、自分の人生なんだから、一番良い方向になるように進んで行きたいです。
Unknown (海)
2017-05-19 19:34:31
サキコロさん、コメントはスレの内容なんて全然気にしなくていいですよ。

片付けや気持ちの整理って人それぞれペースがありますよね。
仏壇って本来は位牌を安置するものだから、必要なら残してもよいと思いますけどね。

巻物は「本尊返納届」(地区か支部にあるはずです)に署名捺印して、理由に「退会のため」のところにマルをつければ、正式にすべての手続きがとれるはずです。
ちゃんとあるんですよ、そういう書類。
あっさり言って相手もあっさりした人なら、スムーズにいと思います。

>数年前まで今のような状態になるなんて、想像したことも無かったです。

私はこのようなことは、ふつうにこれからの人生も起こるんだろうなあと考えています。
あまりにワンパターンだった創価時代というか、「不変」とか「永遠」なんて聞きすぎましたよね。
そんなものあるわけない。
アンチになってからも考え方なんて、ますます目まぐるしくて、最初の方に書いたコメントなんて、こんなこと書いてたのかな?ってな感じです。
Unknown (サキコロ)
2017-05-19 19:58:08
海さん、ありがとうございます。

> 巻物は「本尊返納届」(地区か支部にあるはずです)に署名捺印して、理由に「退会のため」のところにマルをつければ、正式にすべての手続きがとれるはずです。

はい、そのとおりです。
私もその書類の処理は何度もしました、支部長時代。
書類も以前は持っていたのですが、少し前にソーカ関係の書類を捨ててしまってなくなっていました。
一部取っておけば良かった、自分のために。

このブログを見ている人のための参考情報をひとつ。
支部からあげる退会申請には2種類の用紙があります。
どちらも支部から圏へ上げる書類ですが、
ひとつは「退会申請」でもうひとつは「みなし退会申請」です。
「退会申請」は退会者本人の直筆の退会届(便箋などでOK)で署名捺印があれば、あとは「本尊返納届」を付けて支部から退会申請を上げれば圏長決済で統監から削除されます。
もうひとつの「みなし退会申請」が少し厄介です。
これは統監があるけど、その人の所在がわからない場合などで、地区から処理したい場合に上げる書類です。
この場合の決済は確か総県長までいくので、統監から落とすまでだいぶ時間がかかります。
早く統監から抹消して欲しい時は、自筆の退会届を出すのが手っ取り早いです。
あと、退会する時、統監カードは本人に返してもらうように言った方がいいですね。
そうでないと、退会したのに統監カードは圏とかに提出して、その後どういう扱いになるかわかりません。
個人情報なので、私も退会処理する時は返してくれ、というつもりです。
Unknown (海)
2017-05-19 20:05:23
サキコロさん、貴重な情報をありがとうございます!(^^)!
Unknown (サキコロ)
2017-05-19 21:01:10
「みなし退会申請」のこと書いて、とても腹立たしかったことを思い出しました。
それはソーカの大好きな報告のことです。
所在のわからない幽霊部員がいるだけで、報告対象の「分母」は増えます。
地区ではこの幽霊部員のために報告の数字が悪くなるため、
何とか統監から落としたいと支部へ相談されました。

支部から本部なり圏に「みなし退会」で処理したいと伝えても、
たいがい答えは「No!」です。
理由は簡単で世帯数なり部員数を減らしたくない、というものでした。
地区には内部の世帯や部員数に対して何割を目標に!、と厳しいノルマを突き付けて、
実態を説明しても「それはダメだ!」と冷たい答え。
どれだけみんながその数字に苦しんだことか。
幸せになるはずの信仰(実際には詐欺)なのに、なぜ報告や数字で苦しむのか!
創価の中枢は現場の実態をまったく分かっていない、クズの集まりと感じたことを記憶しています。
Unknown (海)
2017-05-19 21:28:50
役職に無縁だった私はその辺りのことを、辞める間際に知ったので、なんじゃこりゃ?という世界でした。
なんでいつも幹部さんたちって集まって、ああでもないこうでもないとヒソヒソブツブツやっているのか?
謎が解けてから、今度はそこで悩んでいるのが不思議で不思議で。
更に、悩んだ挙句、そういう分母がどうたらを「信心で受け止める」実態を知ってからは、不思議を通り越して頭がショートしました。

なかなか簡単にノーと言わない人を幹部に選んでいるという、巧みなやり方を知ったのはアンチになってから。
いろんな人がいるんだなあと知ったのもアンチになってから。

創価にいた時って、自分を含めて、みんな似たような人に見えてました。
学会員の自分がそう思ってたくらいだから、そりゃ外部から見たら皆一緒で気持ち悪く見えたでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む