世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

本当のオカルト

2017年04月21日 | 日記
作家のような執筆ができて、詩心があり、プロカメラマンのように写真が撮れて、芸術が解り、その博識さと平和主義により世界中から慕われ顕彰される、愛妻家で潔癖で、欲や色には目もくれない正義感にあふれた男…かなり欲張りすぎたけどまだ足りない。
90近くなっても新聞に瑞々しい連載を続ける、超人的な不死身の肉体を持つ男。

どこまでつくれば気が済むのやら。
それ以上にそんなつくりものに大真面目に酔っている男、うっとりしている女の顔も、次第に能面のように整えられていく…
オカルトな教えより、この方がオカルト。



{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改革を夢見る人2 | トップ | 言葉と生きていく?2 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤミ金野郎の最後 (009)
2017-04-21 08:39:14
ある日の朝、
忽然と姿を消されて、
ベッドには衣類と数珠だけが残っていた。

新宿の夜の空に、
1つの光が昇っていく動画が、
いくつもyoutubeに投稿された。

どうせなら、
最後はこのぐらいやってくれ

このぐらいの事は信じる頭に
仕上がってますから(笑)

う~頭が痛て~
Unknown (LIAR)
2017-04-21 10:18:45
うちのお祖母ちゃん、池田と同い年。
あり得ないです。そりゃ元気ですけど、元気の意味違うwww自力でトイレ行くのにだって、昔の何倍も時間掛かる。
創価の元気って、先ほどの海さんの記事通りの自画自賛超人のことを言うわけでしょwwwあれ、オカルト否定してなかったか創価って。
Unknown (レイラ)
2017-04-21 10:34:34
我が子に「センセの為に死ねる」と言わせてる親もいるとか。

あ、認知入った老親に
センセの写真を指して
「この人の名前は!?」
老親泣きながら「イ・・・イケダシェンシェ・・・」


信心してくれない外部の彼に
「ワタシ、センセとこの信心さえあれば
何も入らないの!!」

現代の最大のオカルト((((;゜Д゜)))!!
Unknown (海)
2017-04-21 13:21:10
昔からだけど…創価の暴走は止まらない。
高齢者狙いなのはわかるけど、高齢者って健康ネタには詳しいよ?
池田の年齢で、人様に読めるもの執筆するなんて不可能なことくらいわかりそうなものなのに。
自分で書いてみればわかるっでしょ。
PCを使わずに、ペンを握って書き続けるなんて私でもできない。
連載なんてどんだけ強い意志と瞬発力がいるか。
何事も続けるってことはトレーニングなしでは絶対にできませんよ。

密室に特定の人を集めて騙してるわけじゃなくて、ネットなんか使うと誰でも見れるのに、よくこんなバレバレなことできるよねえ…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む