世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

ここを見てしまう

2016年11月20日 | 日記
創価というと、ヤクザだ殺人だ朝鮮だ反日だ、マネーロンダリングだ買収だ、集団ストーカーだ電磁波攻撃だといった物騒なネタに事欠かない。
が、私はそういうことはあまり触れず、フォーカスをずっと慎ましい暮らしをした、人のいい末端に宛てている。
見た目も、世間話をしてもごくまともに見える青年や主婦が、独特な教えにより、一見からは想像もできない強情さで特異な正義感と思想に支配されている。
私にはそれが、ヤクザより怖く興味深いんだよね。

創価学会はそういった末端の信者に支えられており、トップが暗殺されれば潰れるというようなものでなく、この末端信者が消えることこそが重要だ。

将来ある青年や、一家の主や主婦がマインドコントロール下に置かれ、愛情深さを盾に恋人や子どもを洗脳し、思想を制限し、家族の金を持ち出し、家庭を崩壊させ、挙句精神を病み、将来に渡っての取り返しのつかない苦悩を強いる。
これよりの悲劇が他にあろうかと思う。



~( ̄、 ̄;)ゞフー
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同じ池の蛙 | トップ | 詐欺というもの »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Headhunters)
2016-11-20 17:46:23
二度目の投稿になります。
ロム専ですが、ここを気に入ってます。
海様も「無理をされませんように」
応援しています。
Unknown (海)
2016-11-20 21:50:25
お気遣いありがとうございます。
いえいえ、私は本当に気楽に書いてますから(^^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事