世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

やっぱりチョイス

2017年05月15日 | 日記
考え始めた学会員。
考えると不信、疑問、愚痴、文句、怨嫉が出るよ。
不信や愚痴や怨嫉があると功徳も出ず、せっかく福運を消すはどうなったのか?
そこは考えないのか?
考えることもやっぱりチョイスの、チョイ考学会員。



ヾ(・ω・o) ォィォィ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皆、そんなに暇じゃない | トップ | 創価の改革案 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サキコロ)
2017-05-15 09:21:41
いろいろ考えてチョイスしても、次々に矛盾が生ずるだけなんですけどね。
まあ、結局その矛盾を突き詰めてくと、はなからおかしいと気づくだけなんですが。
「生長の家」は理由はよく知りませんが内部分裂して組織が弱体化してるみたいですね。立正佼成会も会員が減少してるとか。
創価もチョイス会員が増えると、内部分裂して弱体化するのは目に見えてきた感じがします。
Unknown (海)
2017-05-15 11:02:33
内部分裂がいちばん怖かったみたいですが、創価もこれが顕著ですね。
あの池田が愛した全体主義はどこへいったのか?

「幹部がおかしかったら怨嫉するんじゃなくて成長を祈ってあげましょう。自分が変わると必ず環境が変わります。それが仏法です!」
と言っていた人たちが、幹部の悪口をいう会合をあちこちで開催してネットでばらまいても、祈ることはしないようです。
仮に祈っても無駄なようです。
いうのは簡単ですが、難しいですよねえ、そんなこと。
難しいというか不可能!言わずにいられるか!という感じですね。
エセ仏教など所詮こんなものです、と宣伝するには効果はあると思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む