世界一楽しい創価アンチブログ

創価問題を、アンチのある側面から見て書いています。
こういう視点もあるんだなあと見て頂ければと思います。

閑話休題(サキコロさん)For The Peace Of All Mankind (落葉のコンチェルト) / ALBERT HAMMOND

2017年09月14日 | 日記
For The Peace Of All Mankind (落葉のコンチェルト) / ALBERT HAMMOND



なんかもう本当に秋ですね。
1970年代前半中学時代に洋楽を聴き始めたころの曲です。
タイトルは曲のイメージから付けたもので、詩の内容とは違うみたいです。
失恋の曲だそうですが、タイトルとすごくマッチしてます。
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

YELL3

2017年09月14日 | 日記
30人入会させたなら、30人脱会させればいいんじゃないの?
30人入会させる力があるなら、300人脱会させるコメントが書けると私は思う。


一人の入会さもさせてない人は、一人を脱会させるコメントも書けない。
私はそう思う。



v('▽^*)ォッヶー♪
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

今度は何ていうの?4

2017年09月14日 | 日記
アンチは、活動が辛くなってやめた。
嫌な幹部に我慢ができなくなった。

要するに厳しい仏道修行に負けた人のせいにする人間。

脱会者が全員こうだと思ったら大間違いだ。

私は活動を辛いと思うことはしなかったし、引き受けた以上は辛いと思わわないように明るく考えたし、愚痴なんか言ったことなかった。
自慢じゃないけど、学会員に嫌いな人なんて皆無で、怨嫉も人の悪口も言ったことなかった。
数人と言い合いしたのは、辞めようと心を決めてから。
しかも気づいてからあっという間のことだったから、長い創価人生の中のほんの数日のことだ。

そしたら次は何ていうの?
活動が辛くなってやめたのでも、嫌な幹部に我慢ができなくなったわけでもない人に。

陰謀説レベルの、刺激的なネット情報を鵜呑みにするような単細胞だから辞めた。
これかな?
私は確かに、本来疑うより信じることを得意とするタイプで、前は久遠の昔のお伽噺もあっさり信じたよ。
小説家でもない多忙な人間が、あまたの書籍を執筆していることにも疑いを持たなかった。
陰謀説のレベルではないと思うんだけれど、これでも少しは「考えてから受け入れる」ようになったんだけどね。
考えるより先に信じることを強要する人から「鵜呑み」なんて言われたくないな。

自分の願いを叶えるためならお伽噺も信じられるけれど、得にもならない話は受け入れない。想像力も持ちたくない。
こんな考えのまま死ななくてよかったと思っている。
そんな脱会者には、次は何て言うのさ?




!!.....((((((○゚ε゚○)ノ~~ 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加