貝の独り言

人見てもよし、見なくともよし我は咲くなり。でも見てもらいたいなー。宜しく返待つ。 

「笑って国難に殉じた。」安倍内閣の進む道

2016年09月19日 17時42分46秒 | Weblog

今日で満州事変から85年。鉄道爆破という卑劣な謀略で始まった戦争です。中国東北部で戦闘に入った日本人兵士にも犠牲者が生まれました。●21歳で亡くなった佐藤隼太2等兵もその一人です。仙台市の市電電気部で働いていましたが、歩兵第4連隊に入隊、1931年9月18日の戦争勃発とともに出動しました。19日朝、手帳に「遂二戦死セリ」と同僚の死を記したのが最後となりました。●第2師団は、「満州」の主要都市を次つぎ制圧しました。師団長の中将は33年1月に凱旋帰国したとき、声明を全国放送しました。「勇士は何れも壮烈なる戦闘の後、笑って国難に殉じた」と●同師団の地元仙台では、土井晩翠作の「凱旋歌」が歌われました。「凱旋、凱旋、誉れの凱旋」「万歳、万歳ああわが勇士」の文句を勇ましく繰り返して。以前仙台市で出会ったお年寄りは、この歌を良く覚えていました。●一方、侵略を受けた中国では、「松花江のほとり」という悲憤の歌が広がりました。「九・一八、九・一八、その悲惨な時から/我が故郷を離れ、あの無尽の宝を捨て、流浪、流浪・・・いつになったら一家団欒を楽しめるだろうか」●満州事変の発端となった柳条湖事件を18日の夜に起こし、19日の未明に攻撃命令が出されました。くしくも、昨年戦争法が国会で強行成立させられ月日と重なります。アジア・太平洋戦争が終わるまで15年にわたる侵略戦争のきっかけとなったこの日に、殺し・殺される戦争法を廃止に追い込む決意をしたい。(18日付け、しんぶん赤旗・潮流より転載)

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「殺し殺される」戦争法発動... | トップ | 介護に疲れ果て、親子で・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。