「止於至善」 社外の軍師が語る経営の話 

会社が最善な状態を維持し、其処に止まり続けるために必要な処方箋を伝授します。
税理士 長尾 博 (岐阜県)

悩ましい!非居住者に支払う配当の源泉所得税の話

2017年03月06日 | 税務
非居住者に支払う配当


源泉所得税をいくら天引きするの?

普通なら、20.42%だと答えるのだが。。。。

答えは???

租税条約によって異なるのです。

香港なら10%

シンガポールなら15%

国によって違うから実務的には悩ましい。。


日本とその非居住者等の居住地国との間で

租税条約が結ばれている場合

その租税条約に定めるところにより、税率が免除、
又は軽減される特例があるんです。
(書面による届出書の提出が必要となります。)



日本に恒久的施設を持っている非居住者の場合

居住者と同じ申告納税方式(確定申告)が原則

配当のみの非居住者の場合。。。。

源泉徴収のみで課税関係が終わるという
源泉分離課税方式が原則となる。


同じ非居住者でも、課税の仕方が違うんですね。

租税条約の締結有無

恒常的住居の有無

様々な要素で、判断が変わる。

「税制」は複雑怪奇である。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 靴の修理から生まれる付加価値 | トップ | ペップトークをやってきた »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。