檜舞台

日本舞踊の世界を覗いてみませんか?

どうして素晴らしい玉を磨かないのか?(當麻寺)

2016-11-05 13:13:27 | 趣味
 當麻寺には日本に現存する最古の東西両塔がございます

現在東塔は見る影もなく、竹林に取り囲まれ、鬱蒼としております

行く世紀も経て埋没した遺跡のようになっております

この現状如何なものでしょうか?

英知に輝く僧侶達ならば、あんな状態を何十年と放置しないでしょう

素晴らしい宝を持っていながら、勿体ない事でございます

自坊の宣伝より、なにが大切か?

自坊より當麻寺を中心に考えることが結局塔頭寺院も救うことなのです

ヨークかんがえよ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 往年の時代劇女優の優雅さ | トップ | 白蛇盗仙草 宗家藤間会 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。