かへる 東の国探訪記

何かと話題のぐんうま県在住の『かへる』の某国中心の旅行記&趣味のフィギュアスケートの話題など

初めてのJGP(その5)

2016-10-13 23:43:07 | フィギュアスケート
JGPから一週間経ち、ようやくYouTubeをもう一回見る気持ちになってきた。
リアルタイムで見ていたショートはともかく、フリーは残念な出来だったので、見るのを躊躇していたのだ。

フリーの出だしはこんな感じである。

全身黒づくめかと思ったら、襟の内側とまくり上げた袖を止めるバンドに赤がある。
良く見ると、黒いシャツの中に着ているインナーは何かギラギラした素材である。


これは先生の目の前でスピンしている様子。

左側にいるUSAジャージを着た体格の良い方々は、おそらくペアのコーチである。

フリーはMake It Rain(エド・シーラン)とBlack Betty(RAM JAM)の2曲である。
前半はブルース、後半はアップテンポで、曲想の変化もきちんと表現していたように思う。
(そもそもピーター君は曲の解釈や表現に優れていると、わたしは思う)
これは曲が変わったあたり。

先生の表情を見ると、「ちょっとジャンプが残念だけど、仕方ないかな」と言いたそうである。

改めて見直すと、ジャンプの転倒が2回、あとはステップアウトやオーバーターンで、
コンビネーションが2回しか入らなかった。
救いなのは、ショートでは回転不足(アンダーローテート)だった3Aが転倒したけど認定されていたことだ。


締めのポーズは、拳を突き上げるのだが、撮り方を間違えるとこのように

「はーい、せんせーい、質問でーす」になってしまうのである。

終わった直後は、いつものように「あー、やっちゃったー」という表情になる。

が、すぐに笑顔になるのは偉いところである。


出迎えた先生の顔が怖くなくて良かった。


翌点を待つ図だが、やや反省会のようである。


得点が出て、「まあ、しょうがないか」といった空気が流れる。


あと1ヶ月後にはセクショナルがある。
そこでは失敗したジャンプもまとめて欲しいと切に願っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めてのJGP(その4) | トップ | 初めてのJGP(その6) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。