メンタルヘルス…足立から発進

メンタルヘルスに関するボランティア活動や介護を担う人達とのビアサポートをお伝えします。

精神福祉法案成立見送り 今国会審議時間確保できず

2017年06月16日 | ニュース(精神)
精神福祉法案成立見送り 今国会審議時間確保できず
2017年6月16日 (金)配信共同通信社

 相模原障害者施設殺傷事件を受けて、措置入院患者の支援を強化する精神保健福祉法改正案の今国会での成立が見送られることが16日、分かった。5月17日に参院を通過していたが、国会会期が延長されない見通しとなり、衆院での審議時間が確保できなくなった。
 法案は継続審議となり、塩崎恭久厚生労働相は16日の記者会見で「次の国会で速やかに成立するよう努力しないといけない」と述べた。
 厚労省は当初、法案の目的を説明文書で「事件の再発防止」としていたが、野党から「精神科医療に犯罪防止を担わせるのはおかしい」といった指摘が相次ぎ、参院での審議中にこの記述を削除。塩崎厚労相が法案の趣旨説明をやり直す異例の事態となり、審議が長期化した。
 厚労省によると、法案は、精神疾患のため自分や他人を傷つける恐れがあるとして入院させる「措置入院」の対象となった患者について、入院を決めた都道府県や政令市が一人一人の支援計画を策定するよう義務付ける内容となっている。
 精神障害の当事者らは「精神障害者への監視強化だ」と反発し、野党からは「修正して提出し直すべきだ」との声が上がっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人介護福祉士、悩んで成長 ... | トップ | 保育士の精神ケア必要3割 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。