goo

文楽のコスパ。

2017-04-17 21:21:09 | 芸能いろいろ
先日、人生三度目の文楽鑑賞に出かけてきた。

英太夫改め六代豊竹呂太夫の襲名披露公演。

この呂太夫さんという方はすごい方で

趣味が素人に義太夫を教えること、だそうで。

上方の噺家さんたちも、数人その弟子筋に連なり

熱くお優しい、そのお人柄がうかがえる。






実はこれまで文楽を一度も面白い(笑い、という意味ではない)と

思ったことがなかった。

そして橋下さんが市長となって

羽織袴姿の文楽協会の人々と対峙したあの場面は

少々嫌悪感を覚えたのも事実だ。


……… だけど。


今回、実はとても感動した。

難しかったはずの義太夫節が、すっすっと耳に入ってくる。

そして物語に感情移入し、感動し、

スルリと交代する義太夫さん毎の個性を楽しんだ。


なぜだ?

お弟子さんの一人につねづね

その魅力をレクチャーしてもらっているからか?

何か血迷って

立派な見臺なんぞ買ってしまったからか?

不思議な思いにとらわれながら

終演後、お弟子さんの計らいでバックヤードツアーに参加。





舞台裏で人形を片手に、解説してくださる方がいた。

文楽という芸能についてとても分かりやすく解説してくださり

人形一体に人形使い三人。そして義太夫と三味線。

どれほどの人間が関わっているかについても、

大変非効率な芸能である、と至極的を得た言葉で。

なるほど、と思って聞いていると

最後にこう言った。

「文楽は一度見てわかる芸ではありません。
二度、三度と見て、その意味や価値が分かるのです。
だから、どうぞまたのご観劇を……」

ハッとした。

わたし、三度目だ。

やはり文楽を語るなら、三度は見なければならないのだ。

そして決して文楽の入場料をケチってはいけない。

演る方の非効率は、

観る方にとってはコストパフォーマンスの高さに違いないのだから。





goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。