goo自由日記

いろんな出来事を載せています見てくださいね!

JRふれあいウオーク(可部コース)に参加する~!  1

2016-10-16 10:33:42 | ひろしま遊歩100選ガイドツアー
 JRふれあいウオーク(可部コース)に参加!
 平成28年10/15日(土) 9:45可部駅(東口)集合  13名参加。
 ひろしま遊歩100選ガイドツアーと同じです。

    JRふれあいウオーク ひろしま遊歩100選(49)

       ~ 可部地区散策 ~


  <主な立ち寄り先>
 JR可部駅~寺山周辺~上原八幡神社~中川醤油~折目胡神社~可笑屋~願船坊~旭鳳酒造 ~ひげ地蔵~品窮寺~可愛神社~千代の松~JR可部駅

  秋空の下、5年ぶりのコースです。

 ◎ 可部駅
  明治44年6月、大日本軌道で開業。
  昭和1年に国有化、昭和62年4月、分割民有化によりJR西日本となる。
  
 可部の町は古くから出雲街道の中心地で、鋳物、醸造酒、醤油、やま繭の特産品があります。

 


 駅前の1角には、さりげなく「鉄灯籠」などもあります。

 


 根の谷川を渡り寺山公園に向かいます。
 橋の上からの望める「可部大文字」の高松山です。

 


 ◎ 寺山の麓(西)
  舟ヶ谷観音、
  磨崖佛(阿弥陀如来を表す梵字)
  熊谷の手水鉢
  藤ノ棚大神、  稲荷社 等があります。
神域を感じるスポットです。

 


 
  


 


 ◎ 寺山の麓(南
  途中の山肌に「防空壕」の跡があります。
  現在は殆どが埋められています。

 


 林の中を登ります、ハイキング気分になる急登ですが。


 


 上原の耳観音、石地蔵です。
 耳の不自由な人がお参りしたようです。

 


 原爆被爆者慰霊碑 (可部地区の木製です)


 


 ◎ 曼荼羅寺観音堂 
   ご本尊: 11面観音
   (藤井佐一郎頌徳碑 )

 


 ◎ 上原八幡神社
  ご祭神:品蛇和気命、帯中津日子命、息長帯日売命
  萬蛇羅寺観音の奥の院として熊谷氏が勧請。

 



 ◎ 中川醤油醸造元
  古民家、店内には雛人形(春限定)ややま繭が展示されている。

 


 




(やま繭は、自然界のやま繭を収穫し、煮繭し、紡いで織って可部袖として、東は江戸、西は九州まで行商した歴史がある)

 ◎ 久保田酒造
  菱正宗醸造元

 


 ◎ 道標
  右= 三次ヲ経テ出雲二通ズ
  左= 飯室ヲ経テ加計二通ズ

 


 ◎ 芸備銀行跡
  可部で最初の洋館建築であったが取り壊された。
  現在は、喫茶店としているが、当時の「御茶處」の看板がそのまま利用されている。
  故、四国五郎さんの「絵」に残されている。

 


 


 ◎ 折目胡子神社
  ご祭神:大国主命、事代主命
  側の「可部貯蓄銀行」の文字入りの警鐘台の台座が残っている。

 


 


 ◎ 可部吹屋公園
   吹屋地蔵尊

 


 


 ◎ 可笑屋
  古民家を改装した落ち着いた雰囲気の喫茶店。
  ひろしま街づくりデザイン賞(町並み部門)
  可部地区ボランティアバンク事務局で活躍。

 


 店内は、お土産品とか展示販売も。

 
 

 ここで、12時前、お昼の休憩の「古代米定食」を皆さんで頂きました。
 ヘルシイで美味しかったです。

 


 午前の散策は終わり、午後に続きます。


  続きます・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おしろい花が | トップ | JRふれあいウオーク(可部... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんちわ! (getteng)
2016-10-16 15:21:10
kagurakkoさん
久保田酒造は校友(後輩)が経営しているものです。
広島・山口の両県に三人の後輩が蔵元を継いでおります。
蔵元 (kagurakko)
2016-10-16 20:41:55
こんばんは、gettengさん。
そうでしたか?
久保田酒造には立ち寄りませんでしたが、もう1軒の旭鳳酒造で、皆さんは試飲を頂きました。
沢山のお知り合いが多くていいですね~。(^^♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。