ぱぐぱぐ通信

環境にわるいペットボトル飲料を買わないジョー・てるりんの絵日記みたいなものです。

最近みた映画「怒り」

2016年10月17日 10時54分30秒 | 本・映画 あ行
「怒り」





現場に「怒」という血文字が残された八王子の未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄が舞台。

それぞれの地に殺人事件の容疑者に似た前歴不肖の男が現れ、

その男と出会った女や男が疑心暗鬼に陥りながら、

信頼すべきかなどと葛藤する三つの物語が紡がれる。


千葉の漁港では、洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)の前に、

田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が現れ、洋平と働き始める。

田代はやがて愛子と同棲を始める。


東京では、ゲイで大手企業の優馬(妻夫木聡)は街で直人(綾野剛)という青年と愛し合う。



親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉(広瀬すず)は、

無人島で田中(松山ケンイチ)という男と知り合う。



三つのストーリーの切り替わりなどがテンポ良く、最後まで引っ込まれます。

が、一年前の殺人事件のいきさつが迫力不足。

「画竜点睛を欠く」とでもいうのでしょうか…。



感涙度 15

はらはらどきどき度 80

居眠り度 0

総合 ☆☆☆☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近観た映画「闇金ウシジマ... | トップ | ちびちくりん1号のお勧めの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL