ぱぐぱぐ通信

環境にわるいペットボトル飲料を買わないジョー・てるりんの絵日記みたいなものです。

高校バスケ 2016西部選手権

2016年11月07日 11時25分05秒 | バスケット
高校バスケの県西部選手権決勝トーナメントが5、6の両日に。

まずは5日のH商業戦。




1ピリの出だしは両チームとも拮抗し、16-16と互いに譲らない展開に。

カナリアチームのディフェンスが機能し出すと、徐々に点差が開いて

36-16



2ピリ

45-26


3ピリ

78-42


と、尻上がりに調子を上げます。




2試合目は公立の雄、I高校。

昨年までは顧問の先生にたいへんにお世話になりました。


1ピリは1年生が大活躍し22ー9とリードをします。

ちびちくりん3号も3ゴールを決める活躍をみせます。



一方のI高校は運動量が豊富。

ミスも減って、容易に点差が開かなくなります。


3ピリではカナリアチームのスタメンの一人が足の不調で戦線を離脱。

その間にI高校はオールコートのディフェンスなどでカナリアチームのミスを誘い、

得点を重ね、56-52と迫ります。



最終ピリオド。

足の不調から戻った選手のゴールなどで、流れはカナリアチームに傾くかと思われた直後、

小さなミスが続き、試合は混沌としてきます。

残り1分47秒でI高校が3ポイントシュートを決め、

1点差に。

ボールを持って攻めるカナリアチームですが、シュートに放ったボールはリングを一周してこぼれ、

今度は逆にI高校がファーストブレーク。

しかしこれもリングに嫌われ、得点にならない。

リバウンドをがんばるカナリアチームが残り21秒、

ボールをキープし、

69-68

で辛勝しました。


お疲れ様でした。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと前に読んだ本「『ニ... | トップ | 高バス 西部選手権2016... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL