ぱぐぱぐ通信

環境にわるいペットボトル飲料を買わないジョー・てるりんの絵日記みたいなものです。

だいぶ前に見た映画「ディアスポリス」

2017年05月16日 19時20分32秒 | 本・映画 た(だ)行
映画「ディアス・ポリス」




東京在住の密入国異邦人たちが自らを守るために作った秘密組織「ディアスポリス(異邦警察)」の

活躍というかとぼけた奮闘というかを描いたドラマ。


ある日、裏都民のマリアの誘拐事件が発生。

ディアス・ポリス久の久保塚(松田翔平)は相棒の鈴木(浜野謙太)と共に捜査に乗り出します。

監禁先を突き止めるものの、マリアは殺されてしまっています。

マリアを殺害したのは、留学生崩れのアジア人犯罪組織「ダーティイエローボーイズ」の

周(須賀健太)と林(NOZOMU)。

その情報を久保塚にもたらしたのは、黒金組の若頭である伊佐久。

日本国内に点在する地下教会が周と林をかくまっていると知り、

久保塚と鈴木は西へ西へと移動します。

東京から西へ、西へ…というわけで、浜松市も少し、登場します。


居眠り度 ☆☆

はらはらどきどき度 ☆☆☆★

感涙度 ☆☆

総合 ☆☆☆

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インハイ県大会の組み合わせ | トップ | だいぶ前に見た映画「教授の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL