ぱぐぱぐ通信

環境にわるいペットボトル飲料を買わないジョー・てるりんの絵日記みたいなものです。

最近読んだ本「27人のすごい議論」

2016年07月23日 16時01分57秒 | 本・映画 な行
「27人のすごい議論」




90〜00年代に雑誌『日本の論点』に掲載された各界の論客の論文が

まとめられています。

裁判員制度や所得税、靖国問題などの各テーマに論客1人が10ページ程度で自説を展開し、

それに続いて、4〜5ページ程度、論争の背景などの解説が付けられています。



それぞれちょっとした時間(数分)で読める傑作ばかりですので

電車内の1駅区間だけでも十分に楽しめます。

持ち歩くにはGoodな書籍だと思います。

☆☆☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマート

2016年07月23日 15時58分22秒 | ささいなことですが
スマートの電気自動車。



車体横に描かれているプラグがかわいらしい。



車体が軽いスマートなので、

効果はありそう。

でも、あんな小さな車体のどこに、

たくさんのバッテリーを積むのだろう。


オーナーに聞いたら、

「一晩の充電で、約百キロ」だとか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近読んだ本「馬鹿にならない読書術」

2016年07月23日 15時54分24秒 | 本・映画 は(ば・ぱ)行
「馬鹿にならない読書術」




前半は解剖学者の養老孟司先生が「読み聞かせで子どもの脳は発達するか」と、

疑問を呈しています。

子どもが文字をどれくらい早く覚えるか、

一番深い生活習慣は外遊び、だそうだ。

知育、徳育、体育の3つで成長する。

知育は五感、すなわち入力。

徳育は、入力をもとに行動を決める、いうならば演算。

体育は、演算に基づく行動、すなわち出力。

体を動かすことで、さまざまな違いが分かるようになるそうだ。



後半は養老孟司先生と池田清彦早稲田大学教授、作家の吉岡忍さんの三人による対談です。

ミステリー、文学、古典などの分野で、

三人がそれぞれ三冊ずつオススメを紹介しています。

驚くのは、三人とも読んだ本をよく覚えていること。しかも年間100冊も読んだとか。

てるりんは数冊しか覚えられません。

やはり教授になる人は脳の働きが違うのか、と、あらためて感じました。



現代はほとんどの人が「視覚型人間」になったとの指摘。

メールなどにより、

会話はいまや「見る」ものになったというなは納得してしまいそうだ。


耳は論理的に物事を構築する能力を持っているが目はだめらしい。

浪曲、講談が廃れた原因かも、とか。

写真を見て美しいなどと感じられるが、ことばで説明できなくなりつつあるらしい。

脳が退化していく前兆かな。



☆☆☆☆★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニバスの西遠カップ

2016年07月17日 20時55分12秒 | バスケット
ミニバスケットボールの西遠杯争奪ミニバスケットボール大会がありました。

女子中高の体育館で開かれる大会なので、出場するのはすべて女子チーム。

8チームがトーナメント戦で争いました。





全試合が終了したあとには、中学生のお姉さんチームが相手をしてくれます。







何事にもチャレンジです。

そして新しい何かをつかもう。


優秀選手も表彰されたようです。




ぱちぱち。



今日の写真は、MIちゃんとYUちゃんのお母さんのすてきなMさん提供でした。

ありがとうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと前に見た映画「ルーム」

2016年07月16日 17時46分38秒 | 本・映画 ら行
「ルーム」



誘拐された17歳の女子高生が七年間、閉じ込められた納屋から、

5歳の息子を逃がすのが前半。

ここだけでも息が詰まりそうです。

そして後半は、納屋以外の世界を知った息子の成長と、

息子を巡る家族らの葛藤や息子の母親の精神的なダメージに焦点が当てられます。

涙度20

笑い度5

チンサム度60

総合☆☆☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あしあと