かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

空海さまが残した三角形のスクレーパー

2016-10-14 07:00:00 | かごめかごめの真実とは

2016年10月14日(金)

 8日、夕方5時前に室戸岬にある御厨人窟(みくろど)に到着しました。

弘法大師「御修行の地」となっていますが・・・、私が教えられていることはそうではありません。・・と、次作の本では書くことになっています。

私がこの場所に立つのは三回目で、以前と違うのは洞窟に入れないように柵が設けられていたことでした。

感慨深く思い出に浸っていると、「あれを見てください。三角形の石を・・」と、武部さん。

言われた先に見事な三角形のスクレーパーの石の存在が大きく大きく見えました。

全く初めて見るものでした。 今までは視界の中に入ってても、一切気づきませんでした。

さすがに磐座研究家の武部さんです。

おそらくこの三角形の石が教える重大な意味を理解できる人は、今までに誰一人として居なかったことでしょう。

間違いなくこの三角形のスクレーパーは空海さまが残されたものに違いありません。

「この石が教える153度の方向に注視せよ!」と、空海さまは語っていました。

その方角にあったものとは・・・!  つづく・・

      

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩が教えてくれる意味が分か... | トップ | モーセの陵墓に向かって手を... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む