かごめかごめの真実とは

空海様が私に教えてくれた秘密の暗号

瑠璃寺へ行って、瑠璃さんが事務所に来られて、瑠璃寺はイエスの父、瑠璃明王を祀っていると図形から教えています

2017-09-08 10:09:50 | かごめかごめの真実とは

2017年9月8日(金)

神様がなされることは・・、ここまでやるかぁ~!と思ってしまいます。

8月12日、瑠璃寺」へと導かれたことも不思議な流れでしたが、近くの事務所に勤められているという「瑠璃」さんと言われる素敵な絵を描かれる瑠璃さんに朝一番バッタリと、それもそのような場所で偶然であいました。

そうしたら、その数時間後に突然、事務所に来られて・・、「不死鳥のあしあと」を購入していただきました。

・・そのことを瑠璃さんのブログで紹介されていました。

その影響で、私のブログに大勢の方々が来られて、アクセス数も今までにないような数をカウントしていました。

「瑠璃さん、ありがとう!」・・・そして、「みなさん、ありがとう!」

・・それで、私の頭の中には、瑠璃さん、瑠璃寺、瑠璃明王・・と響いてきました。

・・それで、マリアの墓とイエスの父である瑠璃明王が瑠璃寺に祀られているのであれば、イエスが暮らした場所=イエスが息を引き取った場所、との関係は、三角法で綺麗な図形が描けると思って、地理院地図にポイントを落とすとどうでしょう・・。

見事な図形が描かれました。

 マリアの墓と瑠璃寺とを結んだライン上に「宮山」という山があります。

マリアの墓と、宮山と、イエスの最期の地である備前の穂波の三点は、見事に2:1:√3の直角三角形を描きます。

瑠璃寺と宮山と、イエス最期の地である穂波との三点は、見事に1:1:√2の直角二等辺三角形を描きます。

イエス・キリストは、父と母を強く意識して、備前の穂波で暮らし、最期は息を引き取ったと教えていますし、

瑠璃寺は、イエスの父、高句麗の第2代瑠璃明王を祀っていると教えています。

・・んん~~ん、それなら、宮山にも何か磐座があってもおかしくはないし、いえ、きっと祀っているものがあることでしょう。

武部さんの出番のようですねぇ。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日anemone10月号発売 | トップ | クラ掛島にはどんな磐座があ... »
最近の画像もっと見る

かごめかごめの真実とは」カテゴリの最新記事